雪山生活を体感できる!!スキー場アルバイトおすすめ3選

ski

あなたの知りたいこと教えてほしいことは次の3つでしょうか?

スキー場のアルバイトにはどんな魅力があるか知りたい
スキー場のアルバイトのメリット・デメリットを教えてほしい
スキー場のアルバイトのお勧めが知りたい

この記事を読むとスキー場のアルバイトの魅力がわかります。

私は東京在住で大学生になるまでウインタースポーツの経験がありませんでした。

大学1年生のときに初めて雪山に行ってスキーを体験しました。
こんなに楽しいスポーツがあるんだと感銘を受け、スキーにドハマりしました。

はじめのころは楽しくてしょうがなくて昼食も取らずに朝からナイターまでずっと滑っていました。

もっともっとスキーがしたいと思ったので、交通費、食費、リフト券代、ガソリン代などの出費を抑えるためにスキー場でいろいろなアルバイトをしました。

スキー場でのアルバイトはお金がもらえるだけでなく、それ以外のメリットもたくさんありました。
雪山の側に住んでいない人は一生に一度はやってみることをお勧めしたくて記事を書きました。

こんな私が解説してきます。

この記事を最後まで読むと、すぐにでも雪山生活が体感したくなります。
あなたは雪山生活の魅力に翻弄されるでしょう。

スキー場でのアルバイトに興味がある人は是非参考にしてください。

スキー場のアルバイトはインストラクター、パトロール、リフト(索道)係がおすすめ

スキーインストラクター

スキー場にはインストラクター、パトロール、リフト(索道)係以外にもたくさんのアルバイトがあります

スキー、スノーボードのレンタルやインフォメーション、チケット売り場などのアルバイトがありますが、どれも室内の仕事です。

室内の仕事はスキー場でなくても体験できる仕事です。

せっかくスキー場でアルバイトをするなら、屋外で雪や風を感じながら、自然の中で行う仕事を選びましょう。

インストラクターはスキーやスノーボードの滑り方をレクチャーする仕事

インストラクターにはスキー、スノーボード、その他のアクティビティ(スノーモービル)などの種類があります。
その中でインストラクターとしてアルバイトができるのはスキーやスノーボードが一般的です。

自分がインストラクターだなんてと思う人もいるかもしれませんが、ある程度滑ることができれば採用される可能性が高いです。

すぐに生徒に教えることはありません。
繰り返し研修をして初心者から教えるようになります。
技術や指導レベルがあがるといろいろなレベルの人に教えることになります。

インストラクターはスクールに所属するので人に教えるだけでなく、予約の受付をやったり、雪かきをしたりと、その他の仕事もあります。

インストラクターの仕事はお客さんをレベルアップさせることでけではありません。
ゲレンデを安全に滑るための方法もレクチャーします。

インストラクターにはスクールに来た人をもてなすためのいろいろな仕事があるのです。

パトロールはゲレンデ内の安全を守ります

パトロールはスキー場で事故やトラブルがないか見回ったり、安全に滑ることができる環境を整備したりします。
防御ネットを張ったり、コースロープ、スピードダウンの表示を調整したりします。

シーズン後半にはゲレンデの雪が気温上昇で緩んでくるので硫酸アンモニウム(硫安)をまいて雪面を固くする作業も行います。

ときにはけが人を担架に乗せて運んだり、深雪で動けなくなった人を救助したりすることもあります。

パトロールは体力やスキー・スノーボードの技術がある程度必要になります。

パトロールにはスキー場に来た人が安全にゲレンデを滑るためにいろいろな仕事があるのです。

リフト(索道)係は安全にリフトを運行します

策道とは地上から離れた位置に渡したロープに吊り下げたリフトやロープウェイなどに人や荷物を乗せて輸送する交通機関のことです。
リフト
リフト係の仕事はリフトやゴンドラの乗降者誘導や雪かきなどを行います。

リフトに乗ること、降りることが難しい子供や初心者がいた場合には隣に寄り添い、スムーズに乗り降りができるように補助をすることもあります。

リフトと乗客が干渉しそうになり危険があると判断したときにはリフトを止めることもあります。

雪が降っているときはリフト椅子の雪を取り除き、できるだけ乗客が雪の上に座らないようにします。
リフトがスムーズに動くようにリフト周りの雪かきなども行います。

リフト(策道)係にはリフトに乗客を乗せて安全に運ぶためにいろいろな仕事があるのです。

寮・食費無料 住み込みバイトに興味がある人はここをクリック

インストラクター、パトロール、リフト(索道)係をおすすめするのはなぜ?

インストラクターはスキーやスノーボードが上手になります

インストラクターは人に滑り方を教えるのが仕事ですが、教える中で自分が忘れていたことや新しい発見があります。

自分の足りないところを生徒と一緒に練習できるのです。

デメリットとして生徒がいないと稼げないので、ある程度お金を稼ぎたい人には向いていません。

メリットは周りに自分より上手な人がたくさんいることです

お金よりスキーやスノーボードのレベルアップを優先する人はインストラクターを選ぶとよいでしょう。

パトロールもスキーやスノーボードがレベルアップします

コースの見回りを行うことでいろいろなコースをたくさん滑走することができます。

デメリットはスキーやスノーボードの技術を教えてもらえるわけではないので、さらにレベルアップしたい人には向いていないことです。

担架を引いて滑ったり、荷物を持って滑ったりすることがあるのでフリーで滑るのと違う技術が身に付きます。

パトロールしていないときも、何かあったときにすぐに応援に行けるように待機をしているので働いていることになります。待機中も時給がもらえるのです。

朝一番の斜面はパトロールが見回りをしてから、一般のお客さんが滑り始めます。
お客さんが入る前に雪崩を誘発するために深雪で斜滑降することもあります。
ちょっと危険な部分もあります。

スキーやスノーボードでたくさん滑って、お金も稼ぎたい人はパトロールがお勧めです。

リフト(索道)係はちょっと大変ですが・・・

スキーリフト
リフト係で一番大変なのはリフト乗降者の誘導とリフトの雪かきです。
ロープウェイやゴンドラは乗り場が囲われているので雪かきの必要がありません。
また、冷たい風や雪にあたることも少なくなります。

何も囲われていないリフトでの仕事は雪が降っていると寒く、雪かきを毎回しなくてはならないのでとても大変です。

しかし、雪山で働いている感がすごくあると思いませんか?

雪山を肌で感じて大自然を相手に格闘してお金を稼ぎたい人に向いています。

メリットは空き時間には好きなだけ無料で滑ることができることです。

私はスキーのインストラクターとパトロールのアルバイトを経験しました

スキーインストラクター

インストラクターは気がついたらレベルアップします

私はスキーを始めて1、2年がたち、SAJの1級検定を受けてもなかなか受かりませんでした。
受験の講習のときに下手くそなのでインストラクターにバカにされたこともありました。

それが悔しいのもあってレベルアップのためにスキースクールの研修生になりました。

研修は毎日のように行われ、少しずつ教える方法が理解できるようになりました。

同期の研修生は皆スキー歴が長い人が多く、技術的には全く太刀打ちできない感じがありました。

ナイターで毎日のように滑ったり、研修を繰り返して生徒に教えたりすることがスキー技術のレベルアップにつながりました。

周りの人が皆上手なのであまり自分が上手くなった感覚はなかったのですが不安な気持ちをもちながら改めてSAJの1級を受けてみました。

指定されたコースを間違えたり、集合時間に遅れたりと散々だったのですが、30人ほど受験した中で自分だけが合格しました。

私のようにインストラクターのアルバイトは周りのレベルが高いので周りに引っ張られて自分のスキー技術もレベルアップするのです。

あまりお金は稼げませんでしたが食事は3食提供されるし、ナイター終わりにいろいろな人とお酒を飲みながら、スキー談議に花を咲かせられるし、とても楽しく貴重な経験でした。

パトロールは贅沢な体験ができました

パトロール
スキーのインストラクターを経験してからパトロールのアルバイトをしたので、技術的には問題がありませんでした。

豪雪地区でのパトロールだったのでけが人は少なかったのですが、マットやネットが雪の中にすっぽりとハマってしまってそれを取り出すのが一苦労でした。

良いことはたくさんありました。

パトロール小屋で待機しているときも給料がでました。
なんておいしいと思いました。

朝一番、お客さんがリフトに乗る前のコースの危険個所のチェックは最高に楽しかったです。

誰もまだ滑っていないところを一番初めに滑るのです。
圧雪がきれいにされた斜面、深雪でだれも踏んでいない斜面、どちらも最高でした。

特に前日夜にたくさんの雪が降り、朝にはピーカン(晴れ)になっているときの朝1本目の深雪の気持ちよさは忘れられません。

こんなに楽しくて、アルバイト代をもらえるなんて申し訳ないなあと思いました。

スキー場

雪山生活を体感できる!!スキー場アルバイトおすすめ3選 まとめ

スキー場のアルバイトはスタッフでしか経験できないおいしいことがたくさん体感できる
スキー場のアルバイトのデメリットはそんなに稼げないものもあること メリットは雪山生活を満喫できること
スキー場のアルバイトはインストラクター、パトロール、リフト(索道)係がおすすめ
外の仕事をすることで雪山を肌で感じることができるから

アルバイトをしながら雪山生活を送ることができたのは私にとってとても良い財産となりました。
雪があまり降らない地域の人でウインタースポーツが好きな人は絶対、スキー場のアルバイトをやるべきです。

わたしのように、スキーやスノーボートの技術があがり、雪山でしか経験できないことがたくさん体感できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました