テニスコートのサーフェイスでレベルアップする方法

テニスコート tennis

テニスコートにはハードコートやクレーコートなどいろいろなサーフェイスがあります。
球足が早かったり、イレギュラーしやすかったりとサーフェイスによっていろいろな特徴があります。
日ごろやっていないサーフェイスのコートにいくといつものように打てなかった経験をしたことがある人も多いと思います。
そこで今回はテニスコートのサーフェイスついて皆さんの疑問や知りたいことにこたえていきます。

テニスコートのサーフェイスの違いはどんな感じか知りたい
いろいろなサーフェイスを利用して上手くなる方法を教えてほしい

naober
naober

こんにちは!!テニスブロガーのnaoberです。
この記事を書いている私は学生時代テニスのコーチをやっていました。

はじめてコーチをやったテニススクールのテニスコートのサーフェイスはポリプロピレンでした。
簡単に例えるとプラスチック素材のコートです。
年月を重ねてコートが削れ、ボールがとても滑りやすくなっていました。
スライスショットがめちゃくちゃすべり生徒たちは返すのにとても苦労していたようです。


次のテニススクールはインドアハードコートでした。
ハードコートはイレギュラーがほとんどなく、インドアコートは壁があるので距離感がつかみやすかったです。

次のテニススクールはインドアオムニコートコートでした。
オムニコートは球足が遅いのでしっかり待って打つ練習ができたのです。


次のテニススクールは屋上にあるハードコートでした。
風が強い日は打ちにくかったですが、開放感がありました。


こんな感じで私はいろいろなテニススクールを渡り歩き、いろいろなサーフェイスでコーチをしていたのでコートの特徴をよく理解しています。


こんな私が解説をしていきます。


この記事を読むといろいろなサーフェイスを使ってレベルアップする方法が分かります。
テニスをやっていて伸び悩んでいる人、日ごろやっているサーフェィス以外に興味がある人は是非ごらんください。

スポンサーリンク

テニスコート サーフェィスの種類と特徴

naober
naober

テニスコートのサーフェイスとはテニスコート表面の素材のことです。
今回は7つ種類と特徴についてお伝えします。

ハードコート

テニスコート

昔から多くのテニス場で採用されているサーフェイス
ひと昔前は学校のテニスコート以外ではいちばん多かった
球足が速く、イレギュラーが少ないのが特徴
表面が固めなので足腰に負担がかかる
全米オープンテニスや全豪オープンテニスで採用されているサーフェイス

クレーコート

テニスコート

中学校などのテニスコートに多く採用されている土のコート
クレーコートは土の抵抗があるので球足が遅くなる
土のコートにプラスチック素材のテープでラインを引いているので、ラインの上でボールが弾むとイレギュラーしたり滑ったりする
メンテナンスがとても大変で一人では持てない重いローラーを引いてテニスコートの表面を平らにする かなりの重労働
全仏オープンテニスで採用されているサーフェイス

グラスコート

テニスコート
天然芝を引き詰めたコートになります。
日本ではなかなかお目にかかれません。
すべてのコートの中で一番球足が速くなるコートです。
このコートでテニスをすると摩擦などから芝が枯れ、表面が少しずつ削れていきます。
そのためイレギュラーが多く、ミスヒットが多くなります。
一度はイギリスに行ってグラスコートで打ってみたい!!と思う人もいるでしょう。
私もその一人です。全英オープンテニスに採用されています。

オムニコート

テニスコート
今、巷でいちばん多く見られるコートではないでしょうか。
人工芝の上に砂がまいてあるコートです。

感覚的にはクレーコートと似たようなかんじでプレーすることができます。
メンテナンスも非常にしやすく、他のコートに比べ劣化もしずらいのでいろいろなテニス場に採用されています。
多少の雨でも影響なくプレーできるので重宝されています。

カーペットコート

テニスコート
ジュータンのような素材のコートです。
感覚的にはハードコートに似ていますが表面が柔らかい素材なので足腰の負担が少ないのが特徴です。

小さいお子さんと一緒にテニスをやるのに向いています。
転んでも他のコートに比べると痛くないですよ。

ポリプロピレンコート

テニスコートプラスチック製のタイルを組み合わせてつくられたコートです。
最近はあまり見られなくなりましたが、ひと昔前は多くのテニス場で見ることができました。
球足は速めです。
プラスチック製のタイルを組み合わせて引き詰めるため初期コストは安く昔は多くの場所で採用されていました。
しかし長年使用していると表面が削れ滑りやすくなります。
少しでも雨が降ると足がすごく滑るのでまともにプレーをすることができなくなるのが弱点です。

インドアコート

テニスコート
インドアテニスコートはサーフェイスではないですね。
レベルアップには欠かせないコートなので載せました。
インドアテニスコートのサーフェイスはいろいろなものを採用しています。
中でもハードコート・オムニコート・カーペットコートが主流です。
ワールドツアーのATPファイナルもインドアコートでやっていますよね。

スポンサーリンク

サーフェィス別レベルアップ方法

テニスコート

テニスコートのサーフェイスを上手に活用するとレベルアップにつながります。
1つのサーフェイスばかりでテニスをやっていると、更なるレベルアップは見込めません。
サーフェイス別のレベルアップの方法を参考にしていろいろなコートで練習しましょう。

ハードコート

サーフェイスの特徴でもお伝えしましたが、球足が速いのでテンポよく打ち合うことができます。
多少打点がばらついていてもボールを迎えに行く必要がないので上手に打ちかえすことが容易です。
ラリーの中でフォアハンドやバックハンドのストロークの打ち方をチェックしたいときにはハードコートがおすすめです。

球足が速いので振り遅れが多い人が矯正するのにも向いています。
振り遅れが多い人は、単純に振り出すタイミングが遅いのが原因です。
初級中級者の人の8割以上はボールがバウンドしてからラケットを振りはじめています。
イレギュラーしたり、伸びてきたりするボールには対応できません。
ボールがバウンドする前にラケットを引いておくことがとても重要です。
是非試して見てください。

クレーコート・オムニコート

この2つは同じような特徴をもつコートなので一緒に紹介します。
両方ともに球足が遅いのが特徴です。
全仏オープンの試合を見た人はわかると思いますが、ラリーが何回も続き1ポイントをとるのにとても苦労します。
試合時間も長くなるのでクレーコートの試合は体力的にとてもハードなのです。
この2つのコートは球足が遅いためボールが自分のところにきてくれません。
自分からボールを迎えに行って(打ちやすい打点で打てる位置に移動して)打たなければなりません。
ハードコートに比べると打てるポイントが短くなります。
自分の打点を確認したいとき、打ち急がないで間をとる練習をしたい人はこのコートがおすすめです。

ストローク練習ではクロスで打ち合うとどうしても打ち急ぎやすくなります。
しっかりと間をとってボールを打つ場合は逆クロスで打つようにしてください。
ストロークは逆クロスが基本です。
体重が乗った良いボールを打ちたい人におすすめです。

ポリプロピレンコート

このコートは月日が経つと徐々に表面が削れていくのでボールがとても滑ります。
そのため滑るショットに対する練習に適しています。
例えばスライスショットやスライスサーブですね。
私がテニスコーチを長年やっていたサーフェィスです。
生徒に対してスライスショットを打つと中級レベルの人までは、なかなか打ち返すことができませんでした。
そのためスライスショットを打ち返せることを中級から上級にクラスを上げるための指標にしていました。
このコートではスライスサーブやスライスショットは自分のイメージよりはるかに滑って飛んでくるのです。

スライスサーブはより曲がることを想定してラケットを出すこと、スライスショットはいつも以上に腰を落として低い姿勢で低い位置にラケットを引いて打ち返すことが必要になります。
このような状況を体感することでショットの幅が広がりレベルアップにつながるのです。
ただ、難点は最近このコートはあまりお目にかからなくなってきました。
もし、家の近くにあったり、ある場所を知っていたりした場合は一度は練習してみましょう。

インドアコート

ある程度上手になってくるとインドアコートでテニスをやるとすごくうまくなったような感じになります。
サーブも入るしボレーもやりやすいし、本当に楽しいですよ。
アウトドアコートは太陽が照り付けていたり、風が吹いていたりします。
インドアコートはどうでしょう。
照明のあかりはありますがまぶしすぎるものではありません。
また、風があっても微風です。このような条件だとショット全般が打ちやすくなります。
屋根があるのでボールとの距離感が取りやすくなります。
スマッシュがバンバン決まりますよ。
屋外のナイターも周りが暗いので距離感が取りやすいですが風があったり、照明が見えにくかったりする分、少し難しくなります。
やはりインドアコートがいちばん簡単にプレーできます。
まだインドアコートでテニスをやったことのない人はちょっとコート代がお高めですが体験してみてください。
ミスで終わるテニスではなく決めて終わるプロのような感じでプレーすることができます。
ミスではなく決めてポイントをとるテニスを練習したい人におすすめです。

テニスコートのサーフェイスでレベルアップする方法 まとめ

テニスコートのサーフェイスはハード、クレー、オムニ、カーペット、グラス、ポリプロピレンの6種類が一般的
ハードコートは速いボールに慣れる練習がやりやすい
クレーコート・オムニコートは間をとってショットを打つ練習に適している
カーペットコートは子どもとの練習に
グラスコートはイギリスに行って経験を
ポリプロピレンコートは滑るボールの練習に最適
ただ、コートを見つけるのが難しい
インドアコートは決めてポイントをとる練習に適している

naober
naober

いつも同じサーフェィスのテニスコートでテニスをしていて違うサーフェースになるとうまくいかず、「今日は調子が悪い」なんて思っている人はいませんか?

それは調子が悪いのではなくサーフェイスの経験が少ないので適応できていないのです。
今まで以上にレベルアップをしたい人はいろいろなサーフェィスでテニスをすることは必須です


いろいろなサーフェイスでテニスをすると自分なりの気づきもあります。
それがレベルアップの第一歩なのです。

是非、いろいろなサーフェイスを活用してレベルアップしてください。
もっともっとテニスが面白くなっていきますよ。

テニスがただで楽しめる東京近郊無料情報3選はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました