テニスの一人練習で確実にレベルアップする3つの方法 

1人テニス Tennis

テニスの一人練習について皆さんが聞きたいことは次の2つでしょうか?

一人で練習して本当に上手くなるの?
手軽にテニスの練習ができる方法が知りたい

この記事を読むとテニスのいろいろな一人練習の方法がわかります。

私はテニス経験0から、テニススクール研修生になり、その後テニスコーチとしていろいろなレベルの生徒に教えていました。

テニス初心者、初級者のときに一人練習をたくさんしました。
その経験が短期間でテニスコーチになれる礎になったと実感しています。

こんな私が一人練習の方法を解説してきます。

この記事を最後まで読むと、効果的な一人練習の仕方がわかり、わたしのようにレベルアップするでしょう。

テニスをはじめたばかりだけど、短期間で上手になりたい人は是非参考にしてください。

テニスの一人練習3選

ボール慣れ

ボール慣れは基礎の基礎です

「ボールは友達」という言葉を聞いたことがあると思います。
ボールに慣れることが上手になっていく第一歩なのです。

テニススクールで初心者に教えるときに初めにやるのがこのボール慣れです。

バレーボールやバスケットボールはボールを直接手で扱うのである意味簡単にはじめることができます。

小中学校の体育で取り扱われるのはそのためです。

ラケットスポーツの難しさは直接ボールを手で扱えないことです。

そのため、ラケットを使ってボールの扱いに慣れることが初心者には必要です。

壁打ちはフォームを固めることができます

壁打ちは、一人練習で最もポピュラーなものです。

壁打ちの人気は高く、公共のテニスコートでも壁打ちコートを併設しているところがたくさんあります。

私の家の側の壁打ちもひっきりなしに人が入り練習をしています。

壁打ちの良いところはラリーのような感覚が味わえることです。

壁に当たるとボールの勢いが吸収されて打ちやすいボールが戻ってくるのです。

打ちやすいボールなのでフォームを意識して打ち返すことができます。

あまりテニスが上手でなくても継続して打ち続けることができるので運動にもなります。

一人練習には欠くことができない練習方法です。

練習器具の活用は効率的です

一人練習ができる練習器具にはいろいろな種類があります。

私が一人練習をよくやっていたときには、ゴムひも付き練習器しかありませんでした。
最近では用途に合わせて道具を選ぶことができます。

自分が上手くいかない、上手く打ちたいショットを一人で練習することができるのです。

なんといっても手軽に練習できるのが利点です。
壁打ちは人気があるので長い時間練習することができません。

一人練習器具は広い公園があれば思う存分、練習ができるのです。

ちょっとお金をかけて効率的に練習をしたい人は利用してもよいでしょう。

ボール慣れ、壁打ち、練習器具活用の方法

壁打ち

ボール慣れは遊び感覚で

テニスコートでボールを拾うときに上手な人はラケットでボールを弾ませて拾っているのを見たことはありませんか?
簡単そうに見えて、結構難しいのでやってみてください。

できない人は次の練習をしましょう。
ボールをラケットで地面にバウンドさせます。
バスケットのドリブルのようにやりましょう。

ラケット面を上に向けてボールを空中に打ち上げます。
あまり高く打ち上げずに小さく打ち上げて継続してやることが必要です。

ラケット面を裏表させながらドリブルのように地面にバウンドさせます。

ラケット面を裏表させながら空中に小さく打ち上げます。

この他にもラケットのフレームで打ったり、回転をかけながら打ったりといろいろな方法があります。

時間があるときにボール慣れの練習をすることでラケットとボールの扱いが上手になっていきます。

最終的には地面に落ちているボールをラケットで弾ませて拾い上げる動きにチャレンジしましょう。

それだけで、友達とテニスをやったときに「おっ!!」と思われますよ。

壁打ちはただやみくもに打つのはやめましょう

壁打ちは、どんな打ち方であっても、手首をこねて打ってもなんとなくラリーが続いてしまいます。

それを続けていると上手くなるばかりか逆に今より下手になってしまう可能性があります。

壁打ちをするときにはボールにしっかりと回転がかかっているのを確認しながら打ちましょう。

ハードヒットすると分かりづらいので少しスピードを抑えてしっかりと回転を確認しましょう。

打つ方向は振り抜く方向ではなく少し逆方向を意識して打つようにしましょう。
これを逆クロスと言います。

逆クロスに打つ利点は打点が身体に近くなるので手打ちになりにくく身体を使ってボールが打てることです。
壁打ちでは逆クロスを意識して練習しましょう。

練習器具は自分の志向にあったものを活用することでレベルアップします

自分がどんなことが上手になりたいかを考えて練習器具を選ぶのが重要です。

突然ですが元テニスコーチが選ぶ練習器具ベスト3を紹介します。

第3位 ウィニングショット テニス練習機 テニスガイド2

家の中で手軽に練習できます。フォームを固めるのには最適です。
練習を繰り返すことで打点が一定になり安定したストロークができるようになります。


第2位 【1日2分でトップスピンを学ぶ】TopspinPro(トップスピンプロ)

ボールに回転をかける練習をするのに最適です。
この練習器具で練習すればしっかりとスピンがかかった良いボールが打てるようになるでしょう。


第1位 NEW 新ストローク練習機 「テニスヒット」 TennisHit

昔からあるゴムひも付き練習器がバージョンアップしたものです。
ゴムひも付き練習器では実際のストロークよりも高い位置に打ち出さないと繰り返し打ち返すことができませんでした。

テニスヒットは実際のストロークと同じように打つことで繰り返し打ち返すことができます。

少し広いスペースが必要ですがより実践に近い形で練習できるので第1位としました。

リズムよく打ち続ける練習をすることで安定したショットが身につくでしょう。

私がテニスコーチになれたのはボール慣れ、壁打ち、練習器具の活用が礎になっています

ボール慣れは手先を器用にしてくれました

ボール慣れテニスに出会う前はバスケットボールやバレーボールをやっていて、ある程度球技には自信があったのですがラケットスポーツは違いました。

ボールを手から離れた位置でコンタクトするのは慣れていない自分にとってはかなり難しかったのです。

テレビを見ながら遊び感覚で繰り返しボールをラケット面に当てることでいろいろなことができるようになりました。

手とラケットの距離感がわかり、ボールを直接手で扱っているような感覚になりました。

ゴムひも付き練習器でラケットにボールをあてやすくなりました

打ち合う相手がいたとしてもテニスコートを借りるのにはお金がかかります。

そんなときは二人で交互に打ち合って練習することもありました。
遊びの延長で楽しく、前後左右に動くので運動にもなりました。

ラケットにボールを当てるための良い練習になりました。

壁打ちはショットの礎になりました

壁打ちは人気があって長時間できないとお伝えしましたが、私は長時間できるところを見つけてやっていました。

陸橋下のスペースは壁打ちには絶好の場所です。

場所によっては運動するスペースとして、バスケットゴールが置いてあったり、網で囲ってあったりします。

私が行っていたところはそこまで整備されていなかったので、人がたくさん集まる感じではなく長時間練習ができました。

陸橋のコンクリートにネットのラインが引いてあるシンプルなものでした。

壁打ちで誰にも邪魔されず黙々と練習したのが自分のすべてのショットの礎になりました。

たくさん壁打ちがしたい人は陸橋下のスペースを探してみてください。

テニスの一人練習で確実にレベルアップする3つの方法 まとめ

一人練習をすることでテニスは間違いなく上手くなります
一人練習はボール慣れ、壁打ち、練習器具活用の3つがおすすめ
ホール慣れでラケットと手の距離感がわかります
壁打ちはフォームを固めることができます
練習器具は自分の志向にあったものを活用することでレベルアップします
いろいろな一人練習に取り組むことがあなたのテニスの礎になります

テニスの一番の上達方法は生きた球を打つことです。
しかし、その前段階としてフォームを固める、ボールに慣れることがとても重要です。

一人練習を繰り返し、基礎をしっかりと固めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました