高血圧の人必見!!血圧を健康的に下げる3つの方法

血圧トレーニング training

皆さんの疑問や悩みはこのような感じでしょうか?

なぜ、血圧は高くなるの?
血圧を下げる方法を教えてほしい

健康的に血圧を下げる商品はどんなものがありますか?

この3点について解説していきます。

この記事を読むと健康的に血圧を下げる方法がわかります。

この記事を書いている私は子供のころから運動を継続してやっていて健康状態に問題はありませんでした。

20代の頃は血圧も特に問題がなく、健康診断で高めに血圧が表示されたときも深呼吸して測りなおすと正常値が出ていました。

しかし、30代になると健康診断で測り直してもあまり血圧は下がらず、医師からも改善を提案されていました。

135/85mmHg程度だったのであまり気にしてはいなかったのですが、毎回、健康診断で引っかかるのが嫌で血圧改善に取り組もうと思いました。

何とか自分で改善できないかと健康系のテレビを見たり、インターネットで調べてみたり、本や雑誌を読んだりして情報収集をしました。

その甲斐あって血圧が120/80mmHg程度になり毎年の健康診断でも引っかからなくなりました。

血圧が成人の平均値に戻り5年間以上継続しています。

こんな私が解説をしていきます。

この記事を最後まで読むと薬やサプリメントに頼らずに確実に血圧が下がり健康的な身体を取り戻すことができます。

血圧が高くなる理由は加齢、運動不足、肥満、ストレス

血圧計

加齢とは年を取っていくこと

加齢が進むと血管が細くなりしなやかさもなくなり固くなっていきます。

年齢が重なると血圧が上昇するのはこのことが原因の1つです。

年は取りたくないですが受け入れなくてはいけないですよね。
個人差がありますが年齢とともにいろいろなところでケアが必要になります。

運動不足は大敵です

運動不足は高血圧の原因の1つと言われています。

年齢を重ねると動くのが億劫になったり、疲れやすくなったりして、若いとき比べると運動量が減っていきます。

仕事や家族のことが原因で運動がしたくてもできないこともあります。

家事労働が多く、動いている時間が多い人や、動きの多い仕事をしている人はよいですが、デスクワークなどほとんど動いていない人は注意が必要です。

誰しも隙間時間はあると思いますので、日常生活の中に短時間から自分の好きな運動を取り入れるようにしましょう。

好きな運動がない方は体幹トレーニングがお勧めです。
短時間の負荷の少ない運動で身体のバランスを整えることができます。

\初心者向け体幹トレーニングはこちらをクリック/

肥満はリスクMAX

体重計
腹部にたまった脂肪細胞からでる物質が悪影響を及ぼし、血管が必要以上に収縮して血圧が上昇することがあります。

肥満は血圧上昇以外にもいろいろなリスクが潜んでいます。

肥満を解消するためにはダイエットが必要です。
しかし、ダイエットのやり方によっては健康を害することもあります。

自分に合ったダイエットのやり方を見つけて、負担を少なく体重を減らしていきましょう。

ストレスは万病のもと

ストレスは高血圧の原因です。

私自身、動悸がして、血圧が異常に上昇するときがありました。
病気を疑っていろいろと検査をしましたが、特に問題はないとの診断でした。

ストレスでそうなることもあるのでストレスを溜めないように工夫しなさいと医師に言われました。

ストレスは他の病気リスクも高いので軽減できるように工夫していきましょう。

血圧を下げるためには食生活の改善・有酸素運動・高血圧改善トレーニングの3つが重要

私が実践している食生活の改善は効果抜群です

食生活
食生活を改善する必要があることはわかっているけど難しいと思っている人も多いと思います。

しかし、食生活は高血圧に限らず、すべての病気の要因になっているので改善は必須です。

ストレスなどを除けば身体に与える影響が一番大きいのは直接体内に入ってくる食物です。

食生活を改善することは血圧の減少だけでなく身体面でいろいろな良い影響がでてきます。

私が実践した食生活の改善方法は豚肉・牛肉をとらずに鶏肉だけをとるようにすることです。

牛肉や豚肉料理を食べて食器を洗う際になかなか汚れが取れない経験はありませんか?

油が固まり、なかなかとれないのです。
とれたとしてもなんとなくぬめりが食器に残ります。

しかし鶏肉料理はそのようなことはほとんどありません。
体内でも同じようなことが起きているのです。

鶏肉はスムーズに消化され体内を移行していきますが豚肉や牛肉はそうとは限りません。

わたしはこれを実践しただけで10㎏体重が減りました
牛肉豚肉料理はおいしいですけどね。
でも試す価値はかなりあります!!

有酸素運動は軽いものからスタート

有酸素運動
有酸素運動は血圧を下げる一つの方法になります。
有酸素運動とは、軽~中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。

普段、運動をあまりしていない人はウォーキングがお勧めです。
継続的な負荷をかけるために少なくても30分程度は取り組むようにしましょう。

夏の暑い日は朝の早い時間帯に日陰を狙って熱中症にならないように、こまめに水分をとりながら実施しましょう。

森林で覆われている公園や、電車の高架下などでのウォーキングがお勧めです。

冬の寒い日は暖かい日差しがあり、風をさえぎる場所を選びましょう。
昼過ぎの14時ぐらいにビル風のない低層の住宅街を歩くと気持ちがよいですよ。

「この家いいなあ」とか「ここの家、改築したんだなあ」などと話している間に(1人の場合は思い浮かべている間に)あっという間に30分過ぎます。

いきなり負担の多い運動を行うと健康を害する可能性があります。
まずは負担の少ないウォーキングからはじめてみましょう。

私は高血圧改善トレーニング(タオルグリップ法)の凄みを体感しています

タオル
食生活の改善や有酸素運動は長期的にみればとても良いことですが短期的にみるとすぐに成果が現れるものではありません。

成果がみられないとモチベーションも下がりやる気がなくなり、「やっぱりわたしには無理」と考えてやめてしまうかもしれません。

モチベーションを保つためにお勧めなのが高血圧改善トレーニングです。
やり方はとても簡単です。

ハンドタオルを1㎏のダンベル程度の大きさに折りたたみます。
それを片手で「ギュッ」となりすぎない程度に握ります。

2分間行ったら1分間休憩して逆の手で同じようにタオルを握ります。

左右2分間・1分間休憩×2セットを行います。
全部で11分間です。

これを毎日繰り返し行います。
手の緊張と緩和を繰り返し行うことで血管が細くなるのを軽減します。
それによって血圧が下がるのです。

NHKの情報番組でやっていたのを真似して半信半疑でやってみたら、すぐに結果がでたのでとても嬉しかったのを覚えています。

私は毎日ストレッチをしながら高血圧改善トレーニング(タオルグリップ法)をやっています。
何かと併用してやるのも一石二鳥で良いですよ。

高血圧がスーッと落ち着くタオルグリップ法

1日たった11分間のことですが毎日継続して実施することが必須になります。

どうしても日々の生活に追われ、時間が無くなったり、忘れてしまったりする人もいると思います。
できるだけそうならないように時間の使い方を工夫しましょう。

私自身は毎日の生活でやることに順序をつけてやっています。

やらなければならないことを第一優先としてやりたいことはその次に回すようにしています。

やらなければならないことをすべて終わらせてしまうと生活の中であせりもなくなり、ゆとりをもって過ごすことができます。

ちなみに仕事も一緒です。

高血圧改善トレーニングをやらなければならないこととして朝一番に実施するようにすれば継続することは可能でしょう。
私自身そのように取り組み成果をだしました。

皆さんも高血圧改善トレーニングを優先順位の上位に位置付けて毎日継続して実施し、健康的な血圧の数値を取り戻しましょう。

商品紹介

上記の高血圧改善トレーニングを実施すれば効果は得られる可能性は高いですが、より即効性のある効果を期待したい方はアメリカ心臓協会認定の「血圧を下げるタオルグリップ運動」をより実践的に行う、メディカルグリップ®がお勧めです。

30%の握力で握ると「適正」マークが表示してくれたり、握力が強すぎたり弱すぎたりすると振動で注意してくれたりします。

毎日のトレーニングをより効率的にサポートしてくれます。
即効性を優先する方は是非お試しください。

メディカルグリップ®の詳しい情報はこちらをクリック

高血圧の人必見!!血圧を健康的に下げる3つの方法 まとめ

血圧が高くなる理由は加齢、運動不足、肥満、ストレスなど
血圧を下げる方法は食生活の改善、有酸素運動、高血圧改善トレーニング(タオルグリップ法)
早い効果が期待できるのは高血圧改善トレーニング
即効性を優先する場合はメディカルグリップ®がお勧め

血圧を下げる方法として服薬という方法もあります。
しかし服薬には副作用のリスクがあります。

できるだけ服薬以外の方法を試すようにして上手くいかないときに服薬という選択肢を考えるようにしてください。

継続は力なり!!
上記の血圧を下げる方法3つを毎日繰り返し実践していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました