ウインタースポーツをする人におすすめしたい車3選

ウインタースポーツ ski

皆さんの疑問や知りたいことはこの2つでしょうか?

スキー場に行くにはどんな車が向いているのかわからない
自分のスタイルに合った車を教えてほしい
スキー場に乗っていく車のお勧めが知りたい

この記事を読むとスキー場へ行くのに向いている車がわかります。

私はスキーのインストラクターを10年以上やっていました。
週末は毎週のように車で自宅とスキー場を往復していました。

自宅とスキー場の往復は自分の車や友達の車を運転しました。
スキー場ではスキースクールの車やスキースクールが入っている旅館の車を運転しました。

長年にわたりタイプの違うたくさんの車を雪道で運転した経験があります。

こんな私が解説していきます。

この記事を最後まで読むと自分にとってのお気に入りの車を見つけることができます。

ウインタースポーツが好きで車の買い替えや購入を考えている人は是非参考にしてください。

ウインタースポーツにおすすめの車はワンボックスカー、ステーションワゴン、ミニバンの3つ

車

ワンボックスカーとはエンジンルーム、居住スペース、荷室スペースが一体になっている車

一つの箱のような形なのでワンボックスカーと呼ばれています。
トヨタのハイエースがわかりやすいと思います。
まさに一つの箱に車輪がついて車になっている感じです。

特徴は何といっても空間の広さです。
たくさんの人が乗れて、たくさんの荷物を載せることができます。

ステーションワゴンとは居住スペースと荷室スペースが一体になっている車

積荷を載せることを前提にした商用車(バン)の乗員数を増やして個人用の車として活用するのを目的として作られました。

スバルのレガシィが有名です。居住性もありつつ、走りを追求した車です。
レガシィ
特徴はセダンの走行性能をそのままに広い室内空間を確保しているところです。

ミニバンとは居住スペースと荷室スペースが一体となっている車で一般的に3列シートを採用しているもの

アメリカでは大きいサイズが当たり前だったのでバンのミニサイズという意味合いでミニバンという表現になりました。

トヨタのアルファードが代表的なものになります。
ゴージャスな居住スペースで3列目のシートまでゆったりとくつろぐことができます。

特徴はワンボックスカーと同じような居住性をもちつつ乗り心地の良さが際立つところです。

ワンボックスカー、ステーションワゴン、ミニバンの3つをおすすめする理由

車

ワンボックスカー

とにかく広いのでいろいろなことができる。
人がたくさん乗ることができる。

スキーのような大きい荷物でもたくさん載せることができる。
シートをフラットにして休憩や仮眠がとれる。

車の中で立って着替えができる。
リアゲートが上に開けば雪や雨よけになる。

ステーションワゴン

見た目がかっこいい車が多い(わたしの意見)
スポーツカー並みの走りが追求できる。

スキーなどの長い荷物でも車内に載せることができる。
AT車だけでなく6速MT車などもあり、選択肢が幅広い。

乗り心地がよい。
走りを楽しむことができる。

ミニバン

車自体の大きさの選択肢がたくさんある。
大型~コンパクトカーまで

車の中で容易に着替えることができる。
乗り心地が良い。

ファミリーに人気がある。
座席位置が高く、運転しやすい。
リアゲートが上に開けば雪や雨をよけてその下で作業ができる。

おすすめできない車=セダン

セダンもステーションワゴンと同じような居住性はある程度確保されていますが、荷室が一体となっていないのがネックとなります。

雪が降っていると、どうしても雪をよけていろいろな作業をする必要があります。

荷室が分かれていると吹雪のときでも外に出てトランクを開けることになります。

トランクの中は雪だらけ、自分も雪だらけになるのでそれは避けたいですよね。

スキー場に行くためには居住スペースと荷室が一体になっていることが不可欠です。

ワンボックス、ステーションワゴン、ミニバンのおすすめ車種と4WDの必要性

車

ワンボックスカーはハイエース

代表的なものはトヨタのハイエースと日産のキャラバンになります。

見た目や内装は同じようにスタイルですが、ハイエースがおすすめです。

空調などで寒冷地において優れた才能を発揮してくれます。

ハイエースは内装から外装まで自分の好みでカスタマイズがしやすく、店頭でもオリジナルのカスタマイズカーがたくさん売られています。

しっかりと駐車スペースが確保できて、その他のアウトドアなどにも活用したい人にお勧めです。

ステーションワゴンはレヴォーグ

ステーションワゴンはスバルのレヴォーグをおすすめします。
わたしは以前レガシィツーリングワゴンに乗っていました。

広い居住空間を確保しつつ、何といっても走りの良さが光りました。

スキー場に向かう高速道路でレガシィばかりが走っているときもありました。
その性能を引き継いだのがレヴォーグとなります。

高い走行性能を維持しつつアイサイトの搭載により安全に運転することができます。

居住空間<走行性能という人におすすめです。

ミニバンはステップワゴン

私はエスティマに乗っていてバランスの良い車でおすすめしたいとことですが、残念ながら生産中止ということで今回は
ホンダのステップワゴンをおすすめします。

大人気なのはみなさんご存じのトヨタ アルファードですがコスト面や広い駐車スペースの確保が必要との理由から万人に勧めることはできません。

ホンダのステップワゴンはたくさんの人におすすめできます。「ミニバンのはしり」といってよいほどの歴史があります。

ステーションワゴンほどではありませんがホンダが得意とする低重心なつくりで乗り心地や走りの良さを体感できます。

新車にこだわらなければコスト面でかなりリーズナブルに購入することができます。

コスト面、乗り心地、走行性能、居住空間等、すべてを網羅した車を選びたいという人におすすめです。

すべての車の運転経験があるわたしが総合的に判断すると
ステップワゴン>レヴォーグ>ハイエースになります。

やはり、この結果からも今ミニバンが売れていることに納得できると思います。

スペック面では4WDを選びましょう

2WD(FF)でも、スタットレスタイヤであれば、雪道を問題なく走ることができます。

しかし、慣れない雪道では何が起こるかわかりません。
ちょっとしたことがスタッグの原因になることがあります。

「四駆であれば、スタッグしなかったのに…」なんてことはあり得ます。

その点4WDは最強です。
過信をしてはいけませんがトラブルが起こる危険性がかなり減少します。

コスト面で多少負担となりますが、スキー場にたくさん出かけたい人は4WDを選ぶようにしましょう。

私の愛車遍歴はハッチバック⇒ステーションワゴン⇒ミニバンです

車
私がはじめてスキーに行ったときの車はハッチバックです。
コンパクトで扱いやすく荷物もたくさん載って走りも抜群でした。

しかし、あまりお金がなかった私はスタッドレスタイヤを購入することができずに雪道はチェーンをはめていました。

雪道にも慣れていなかったので凍結した道路で少しハンドルを切っただけで車が一回転しました。

急ハンドルを切ったつもりはなかったのですが経験も浅かったので急激にハンドルを切ってしまっていたようです。

車がFF(前輪駆動)だったのもスピンした要因でした。

チェーンの装着にも時間と体力を奪われました。
大雪の中、チェーンの装着をするのはとても大変でした。

何度もスキーに行っていたのでやっぱりスタッドレスタイヤを買わないとだめだと思いました。

車
次に乗った車はステーションワゴンです。
ステーションワゴンは3台乗り継ぎました。
それほどステーションワゴンが気に入っていたのです。

前段でもお伝えしましたがステーションワゴンはある程度の居住性を保ちつつ走りの質が高いのが特徴です。

東京近郊に住んでいるとスキー場までの道のりは少なくても3時間はかかります。
その3時間を苦痛な時間ではなく楽しい時間にしたかったのです。

ステーションワゴンのMT車でギアチェンジを楽しみながら、高速道路や山道のドライブを楽しみました。

雪がないところの街乗りもするので、やはりステーションワゴンが一番私の中でのお気に入りでした。

次に乗った車はミニバンです。
ミニバンは居住スペースが縦にも横にも広いのでたくさんのことを車内で行うことができます。

ときには車内でパーティーのように会食をしたり、仮眠や宿泊をすることもありました。
子供を乗せるのもミニバンが一番最適でした。

いろいろな車に乗りましたが私の中でのお勧めはハッチバック<ミニバン<ステーションワゴンの順です。

ウインタースポーツをする人におすすめしたい車3選 まとめ

ウインタースポーツにおすすめの車はワンボックスカー、ステーションワゴン、ミニバンの3つ
ワンボックスカーは空間が広くたくさんの人や荷物を載せられる
ステーションワゴンは居住空間と走行性能を併せもつ
ミニバンは居住性と乗り心地を重視している
スキーにおすすめの車種は
ワンボックスカーは寒冷地での空調が優れたトヨタのハイエース
ステーションワゴンは高い走行性能とアイサイトによる安全性を備えたスバルのレヴォーグ
ミニバンはコスト面、乗り心地、走行性能、居住空間等、すべてを網羅したステップワゴン
中でもステップワゴンが一番のおすすめ

スキー場でスキーやスノーボードを楽しむためには、車選びはとても重要です。

\自分に合った車でスキー場に出かけましょう/

コメント

タイトルとURLをコピーしました