元スキーインストラクターが選ぶ新潟県おすすめスキー場BEST5

ski

今シーズン、スキーやスノーボードに行きたいあなたが知りたいことを予想しました。

ファミリーで楽しめるスキー場を教えてほしい
スキーやスノーボードが上達するスキー場が知りたい
効率よくたくさん滑れるスキー場が知りたい
おしゃれに楽しめるスキー場が知りたい
深雪や新雪が満喫できるスキー場を教えてほしい

この記事を読むと5つのスキー場をお勧めする理由が分かります。

私は30年近く新潟県のスキー場に通っています。
新潟県のスキー場の魅力は何といってもアクセスの良さです。

東京から200km程度なので車で行っても3時間程度です。
新幹線で行けば東京から2時間かからないでスキー場に行くことができます。

駅のそばにたくさんのスキー場があるので荷物を持っての移動もあまり苦にはなりません。
スキーのインストラクターをやっていたときには毎週末新幹線でスキー場に通っていました。

長年にわたりスタッフ目線、お客さん目線で新潟県のスキー場にかかわってきました。
そのため、いろいろな新潟県のスキー場の魅力をたくさん知っています。

こんな私が解説をしてきます。

この記事を最後まで読むと自分が行くべきスキー場が分かります。

今シーズンのスキー場選びに悩んでいる人は是非参考にしてください。

元スキーインストラクターの私がおすすめする新潟県のスキー場5選

舞子スノーリゾートはファミリーに最適

舞子スノーリゾートは関越自動車道、塩沢石打インターを降りてすぐのところにあります。
上越新幹線、越後湯沢駅から無料シャトルバスで15分程度と首都圏からのアクセスが抜群です。

ゲレンデは奥添地エリアと舞子エリアに分かれていて初級者から上級者まで楽しめるスキー場です。

全体的には初級コースが多く、ファミリーや緩斜面でしっかりと滑り方を確認しながら上達したい人にお勧めです。

小さい子供でも緩斜面で安全にロングランが楽しめます。

昔から名前がマイコさんの人が優遇されるスキー場としても有名です。
ひと昔前は名前がマイコさんの人はリフト一日券が無料になりました。
子供の名前をマイコにしようと思った人もたくさんいました。

現在はマイコさん本人と連れの人、合わせて5人まで、1dayパスが2500円になります。

あなたの名前がマイコさんなら、友達の名前がマイコさんなら一択で舞子スノーリゾートを選びましょう。

舞子スノーリゾートHPはこちらから

かぐらスキー場はスキー スノーボードの技術が上達したい人に最適

スキー場
かぐらスキー場は関越自動車道、湯沢インターを降りて国道17号を走って20分程度です。
上越新幹線、越後湯沢駅から急行バスも運行しています。

ゲレンデはロープウェイに乗った上部にあるので全体的に雪質は良くなります。
下部には初心者向けのコースが広がっていますが、リフトを乗り継いでいくと中級者、上級者向けのコースが多くなります。

かぐらスキー場は初級者から上級者までが楽しめるようにゲレンデが上手にセパレートされています。

滑りはじめは初級者コースで足をならし、徐々に中級、上級者コースに移行して滑ることで技術を磨けます。

かぐらスキー場を含めプリンス系のスキー場は小学生以下の子供が無料、平日は20歳が無料です。

子供と一緒にレベルアップしたい人、20歳でたくさん滑ってレベルアップしたい人はかぐらスキー場に行きましょう。

かぐらスキー場HPはこちらから

石打丸山スキー場はたくさん滑りたい人に最適

石打丸山スキー場は関越自動車道、塩沢石打インターを降りて5分のところにあります。
上越新幹線、越後湯沢駅から無料シャトルバスで20分程度と首都圏からのアクセスが抜群です。

全体的には中級者、上級者向けのコースが多く滑りごたえのあるスキー場です。

ゴンドラや高速リフトを利用することでたくさん滑ることができます。
また、この地域のスキー場の中ではナイターゲレンデが一番充実しているので、朝から夜までたっぷりと滑りこむことができます。

石打丸山スキー場のもう一つの魅力はゲレンデ内にレストランが豊富にあることです。
ゲレンデ山頂や中腹にも多くのレストランがあるので雪景色を眺めながら食事をすることができます。
レストランによって特色があり、それぞれとても美味しい料理を味わうことができます。

スキーやスノーボードをたくさん滑りたい人、ゲレ食を楽しみたい人は石打丸山スキー場がお勧めです。

石打丸山スキー場HPはこちらから

スキー場

上越国際スキー場はおしゃれに楽しみたい人に最適

上越国際スキー場は関越自動車道、塩沢石打インターを降りて7分のところにあります。
上越新幹線、越後湯沢駅から上越線に乗り換えて上越国際スキー場前駅から徒歩0分です。
首都圏からのアクセス抜群です。

上越国際スキー場には大沢ゲレンデや大別当ゲレンデなどがあり上級者でも滑りごたえのあるスキー場です。

上越国際スキー場の一番の特徴と言えるのがホテルグリーンプラザ上越です。

館内は異国情緒あふれる空間でいろいろなおしゃれな演出がされています。
吹き抜けを利用したイルミネーションはとても迫力があり、神秘的なおもむきです。
レストラン「ラ・セゾン」での食事はおしゃれで贅沢なひとときを味わうことができます。

ホテルグリーンプラザ上越は館内だけでなく外観もおしゃれなつくりになっています。
ホテル前のナイターゲレンデをホテルグリーンプラザ上越に向かって滑るのはとても贅沢に感じる瞬間です。

彼氏彼女とおしゃれにスキースノーボードを楽しみたい人は上越国際スキー場がお勧めです。

上越国際スキー場HPはこちらから

スキー場

奥只見丸山スキー場は深雪や新雪を満喫したい人に最適

奥只見丸山スキー場は関越自動車道、小出インターを降りて約35kmのところにあります。
上越新幹線、浦佐駅から無料送迎バスがあり1時間30分でスキー場に到着します。

おおむね11月下旬から1月上旬が冬シーズン、3月中旬から5月中旬が春シーズンとなり、他のスキー場が混み合う期間は閉鎖となります。

今回紹介したスキー場の中ではアクセスが一番悪いですが、その分魅力的な部分がたくさんあります。

奥只見丸山スキー場に行くにはシルバーラインにある長いトンネルを通らなければたどり着きません。
長いトンネルを通ることで別世界に連れて行ってくれるような感覚になります。

トンネルをこえるとまさに別世界で、一面の銀世界が広がっているのです。
トンネルの前でも雪深い地域ですが、トンネルをこえるとさらに雪深くなります。
ずっと、トンネルの中で目が慣れてきてからの雪景色なので、銀世界がとてもまぶしく感じるのです。

奥只見丸山スキー場は雪深さから非圧雪ゾーンがとてもたくさんあります。
コースによっては圧雪機で整備されていますが、雪がたくさんふるので特に冬シーズンは整備されたゲレンデも深雪になります。

冬シーズンは日によってこれでもかと雪が降りますので、一日中深雪や新雪を楽しむことができます。

深雪や新雪を満喫したい人は奥只見丸山スキー場の冬シーズンがお勧めです。

奥只見丸山スキー場HPはこちらから

私が体験したスキー場での魅力的なシチュエーション

スキー場

舞子スノーリゾートの緩斜面で子供と一緒にロングラン

舞子スノーリゾートの奥添地エリアには長い距離を滑ることができる緩斜面があります。
長い緩斜面を楽しめるスキー場はたくさんありますが、迂回コースでせまかったり、コース外は落ち込んでいて危険があったりします。

しかし、舞子スノーリゾートの日帰りスキーセンター前の緩斜面(長峰ランランコース)は小さい子供でも危険度が少なく安心して滑ることができます。
小さい子供で初心者の練習場所としてはとても良いコースです。

クワットリフトが隣にあるので、滑り終わったら一緒に乗って話をすることで、子供のモチベーションが下がらずにレベルアップさせることができました。

スキー場

かぐらスキー場の新雪は親切

かぐらスキー場の新雪は新潟県中越地方のスキー場の中では極上の雪質を誇ります。
新潟県中越地方の雪は気温が高いため水分が多い雪が降ります。
そのため、雪質は粘りがあって重たくなります。

例えば北海道の雪はサラサラで雪玉を作るのに苦労しますが、中越地区の雪は水気が多いので容易に雪玉が作れるのです。

重たい中越地方の深雪は滑るのに一苦労します。
しかし、かぐらスキー場の雪質は北海道までとはいきませんがサラサラです。
リフトで登って山頂に行けばさらに良い雪質になるのです。

深雪があまり得意でない人もかぐらスキー場であれば簡単に滑ることができるのです。

フワフワの雪は身体への負担も少なくとても親切な感じです。
多くのパウダーフリーク(深雪、新雪をこよなく愛するスキーヤースノーボーダー)が、かぐらスキー場に集結する理由が分かります。

石打丸山スキー場のナイターとレストランは最高

多くのスキー場内のレストランは15時ぐらいで閉まってしまいます。
15時前後にレストランで休憩していると追い出されてしまうことはよくあることです。

しかし、石打丸山スキー場のレストランは遅い時間までやっているところがあります。

石打丸山スキー場の中腹エリアのレストランで夕食を済ませて思う存分ナイターを楽しみました。

石打丸山スキー場のナイターは初級者から上級者まで楽しめるコースがあり、日中と同程度に楽しむことができます。

ナイターで急斜面の新雪を滑ったのはめちゃくちゃ楽しかった思い出です。

石打丸山スキー場のレストランは全般的に美味しいです。
雪山を眺めながら食べた昼食は至福のときでした。

スキー場

上越国際のホテル前ゲレンデは幻想的

昔から上越国際スキー場はよく利用していました。
なんといってもホテルグリーンプラザ上越がとてもおしゃれなところだからです。
やっぱり異性と行くのはおしゃれなところが良いですよね。

おしゃれでありながら初心者から上級者まで楽しむことができるのでとても気に入ってシーズン券を買ったこともありました。

ホテル前ゲレンデのナイターでホテルに向かって深雪を滑ったのはとても幻想的で忘れられない瞬間でした。

奥只見は別世界に行ったような気持ちになります

はじめて奥只見丸山スキー場に行ったのはかなり昔の話です。
奥只見丸山スキー場近くのシルバーラインのトンネルは当時、洞窟のようなかんじでした。

現在は整備されてきれいなトンネルになりましたが、当時は岩肌のようなものがむき出しになっていてせまぜましいかんじで対向車を待たなくては通れない箇所もありました。

洞窟の中を車に乗っていると、何か探検をしているような気分になりました。
トンネルを抜けるとそこは雪国だったなんでフレーズがありますが、

シルバーラインの場合は洞窟を探検した先は一面の銀世界だったといった感じです。

もう洞窟のようなトンネルではないので今となっては貴重な体験でした。

スキー場はリフトが3機しかなくて、高速リフトもありません。
こじんまりした感じはありますが、とても魅力的なスキー場です。
緩斜面、中斜面、急斜面のセパレートが絶妙でいろいろな滑り方ができるのです。

急斜面の新雪、深雪はとても深く、転んでいなくても全身に雪を浴びて最高でした。
整備された中斜面でのカービングターンは爽快感がありました。
山頂からの景色も抜群でした。

首都圏からのアクセスはよくありませんが一度は行ってみてほしいスキー場です。

元スキーインストラクターが選ぶ新潟県おすすめスキー場BEST5 まとめ

元スキーインストラクターの私がお勧めする新潟県のスキー場は次の5つ
舞子スノーリゾートはファミリーに最適
かぐらスキー場はスキースノーボードの技術が上達したい人に最適
石打丸山スキー場はたくさん滑りたい人に最適
上越国際スキー場はおしゃれに楽しみたい人に最適
奥只見丸山スキー場は深雪や新雪を満喫したい人に最適

独断と偏見 わたしのおすすめスキー場ランキング

第1位 奥只見丸山スキー場・・・ちょっと遠いけど深雪が超最高
第2位 石打丸山スキー場・・・人が多くてコブになりやすいけど、とにかく楽しい
第3位 舞子スキーリゾート・・・緩斜面が多いけど緩斜面で基礎固めができる
第4位 かぐらスキー場・・・滑りだすまでに時間がかかるけど雪質最高
第5位 上越国際スキー場・・・移動に時間がかかるけど雰囲気満点

新潟県には今回紹介したスキー場以外にも魅力的なスキー場がたくさんあります。
この記事を参考にして自分のお気に入りのスキー場をみつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました