【お得情報】スキーに行くのはお金がかかるの? 格安でスキーができる5つの方法

ski

今シーズンのスキーを楽しみにしているあなたの疑問、知りたいことを予想してみました。

どうしてスキーはお金がかかるの?
できるだけ出費を抑えてスキーをする方法が知りたい

この記事を読むと格安でスキーを楽しむことができます。

私は大学時代からスキーのインストラクターをやっていました。
授業があったので週末を中心に毎週、東京からスキー場に通っていました。

交通費だけでアルバイト代がなくなってしまっていたので何とか安く通うことができないか考えて実践していました。

そのためできるだけ出費を抑えてスキーをする方法をたくさん知っています。

こんな私が解説をしていきます。

この記事を最後まで読むとたくさんスキー場に行くことができます。

格安でスキーをするための方法はガソリン代、距離、高速代、リフト代、駐車場代の5つを抑えること

コロナ渦では皆さんもおわかりかと思いますが新幹線や深夜バスはできるだけ避けたほうが良いですよね。

ベストは家族で車を使ってスキー場へ行くことです。
今回は車で行くことを前提にお話しします。

ガソリンは必ず満タンで


ガソリン代を安く抑えるためには、地元のガソリンスタンドで満タンにしましょう。

地元のガソリンスタンドは安いところを把握していると思いますし、常連のガソリンスタンドであればポイントや割引もあるでしょう。

高速道路のパーキングエリアにあるガソリンスタンドは値段が高めであったり、混んでいたりします。

スキー場側のガソリンスタンドも自分の地元に比べるとかなり高めです。

ガソリンは地元の安い店舗でスキーに行く前日または当日に満タンにしましょう。

移動距離を抑えてリーズナブルに

ガソリンを満タンにしても途中でガス欠になって値段の高いところで給油するのはかなりの痛手です。

格安に済ませるためにはスキー場までの距離も頭に入れて選びましょう。

当たり前ですが距離が短ければガソリン代も高速代も安くなります。

自分の家から一番近いスキー場はどこなのか必ず確認しましょう。しかし、近いからといってお得とは限りません。

スキー場のサービスによって、少し遠いスキー場の方がお得な場合もあります。

距離だけではなくスキー場のサービスもしっかりとリサーチしてから決めましょう。

高速はETC深夜割引、休日割引、ドラ割をチェック


高速道路は必ず現金ではなくETCを利用しましょう。

クレジットカードを作成するとETCカードも一緒に作成することができます。

クレジットカードをもっていない人は年会費無料のクレジットカード、ETCカートを作成しましょう。

ETCの割引には深夜割引や休日割引などがあります。

深夜割引は毎日0時~4時の利用で高速代が30%OFFになります。
休日割引は土・日・祝日が地方部で高速代が30%OFFになります。
平日朝夕割引は地方部で高速代が30%OFFになります。

自分のプランに照らし合わせてETC割引を活用しましょう。

ドラ割は目的地によって割引率が変わります。

例えばウインターパス2022では湯沢・沼田・水上プランとして首都圏発着の場合、6100円となり、通常よりも2910円お得です。

スキー場に行く日がドラ割対象日の場合は迷わず使用しましょう。

リフト代は無料・割引を狙う


リフト代は格安でスキーをすることを考えると一番の痛手です。
何故がというと一人一人にリフト券が必要だからです。

リフト券代を抑えるのが格安でスキーをするための最重要ポイントです。

中学生以上はお得な割引チケットを活用しましょう。
国内最大級のスキー場・積雪情報サイトSURF&SNOW、スキー市場などに格安リフト券情報があります。

SURF&SNOWはこちらをクリック

子どもがいる場合は必ず小学生以下無料のスキー場を選びましょう。

小学生以下無料スキー場お勧め3選

奥利根スノーパーク 関越自動車道水上ICから10km

水上ICからすぐ。融雪道路完備でスキー場まで凍結がありません。東京方面から関越道水上ICまでは雪もあまり降りません。

小学生以下の子供がいて雪道の運転に不安な人にはお勧めです。


軽井沢プリンスホテルスキー場
 信越道碓氷軽井沢ICから約13km

キッズフリープログラムがあり、リフト券無料以外にも様々なサービスがあります。

格安なスキーでも子供と一緒にちょっとした高級感を味わいたい人にお勧めです。

 

白樺湖ロイヤルヒルスキー場 中央道諏訪ICから約24km

エリア唯一ナイター営業を毎日実施します。
日中は子供の世話、ナイターは大人の時間。
こんな感じでたっぷりスキーを楽しみたい方にお勧めです。

駐車場は絶対無料のスキー場で


駐車料金はばかになりません。

平日は無料にしているスキー場が多いですが休日は1000円程度、駐車料金がかかるのが一般的です。

スキー場にあまりこだわりがなければ休日も駐車料金無料のスキー場を選びましょう。

終日駐車場無料のスキー場お勧め3選

那須温泉ファミリースキー場 東北自動車道那須ICから車で15km

初級、中級者コースのみで子供連れにはお勧めです。
スキーヤーオンリーなので安心です。

 

富士見パノラマリゾート 中央自動車道を諏訪南ICで降りて3km

晴天率85パーセント、高性能スノーマシーンで雪質も安定しています。
中級者コースが多いのでカービングターンを気持ちよくしたい人にお勧めです。

 

軽井沢スノーパーク 信越道碓氷軽井沢ICから約30km

スキー以外にも子供が楽しめるいろいろなアトラクションがあります。
ドックランも併設しているので、子供やペットと一緒に楽しみたい人にお勧めです。

毎週スキー場に通い詰めた私のお勧めプラン

今シーズン私が計画しているプランを紹介します。

最新の来シーズン情報を踏まえてお得感が強いプランを考えました。

ガソリン

スキー前日、ガソリンスタンドは地元のシェル石油を利用。
ポンタポイントゲット!!

スキー当日はかなり遅めの13:00出発。
ローソンでポンタポイントを利用して美味しいコーヒーを飲んで高速道路へ

高速道路

練馬ICから80km先の上里SAに到着、トイレ休憩
途中お土産を買うために赤城高原SAへ 水沢うどんを購入
60km車を走らせ水上IC出口へ

駐車場無料、ナイターありの奥利根スノーパークへ


道が凍結しない融雪道路を10km走り奥利根スノーパークへ到着。安全運転でゆっくりと休憩をとっても朝の渋滞を避け道が空いているので15:30に到着

駐車場は24時間開放でトイレも利用可能で無料です。

今回はコロナ過ということもあり大事をとって人の少ないナイターを利用。

土日は6:00、平日は8:00からリフトが稼働。
ナイターは22:00まで楽しめます。

16:00にリフトに乗り込み、人の少ない斜面を滑りだす。
ナイターは人が少ない、リフト待ちも全くなく滑り放題。

後半は慣れてきたのでコブコブコースにみんなで挑戦。
ときどき撃沈、ときどき成功 楽しいなあああ

休憩をはさんでたっぷり滑って20:00にスキー終了。
ゆっくりと着替え、後片付けをして21:00スキー場出発

水上ICから関越自動車道に渋滞知らずで東京へ。

奥利根スノーパークは練馬から140km。
距離が短いので給油の必要はありませんでした。ラッキー!!

今回の格安なスキーでかかったおおよそのお金

4人家族(小学生以下の子ども2人+父母)
ガソリン代満タン6000円
ナイターリフト代2700円×2(小学生無料)

赤城高原SAで買ったお土産代2000円(水沢うどん)

高速代はドラ割ウインターパス2022湯沢・沼田・水上プラン利用で6100円(往復)

合計 6000+6100+2700+2700+2000=19500
19500÷4人=4875円(一人当たり)

スキーに出かけるといろいろな費用がかかり1人1日10,000円が目安とります。

今回は5000円を切り、4875円という結果でした。かなりの格安です。

【お得情報】スキーに行くのはお金がかかるの? 格安でスキーができる5つの方法 まとめ

格安スキーの方法はガソリン代、距離、高速代、リフト代、駐車場代の5つを抑えること
ガソリンは地元の格安ガソリンスタンで満タンに
ポイントもゲット!!
距離はできるだけ短いスキー場を狙う
高速はETC割引の適用時間帯で30%OFF ドラ割活用
リフトは小学生以下無料スキー場を 大人は割引サイトを活用
駐車場は土日でも無料のスキー場がお勧め
私のお勧めスキー場は奥利根スノーパーク
小学生以下無料、駐車場無料、ナイター長時間営業

格安でスキーをすれば、そのお金を違ったところに回すことができます。

スキー場側のおいしい郷土料理を食べてもよし
格安のスキーを何回も行ってもよし
更なる格安スキーに挑戦してもよしと
違った楽しみ方もできるでしょう。

今シーズンは是非、格安で行けるスキーを計画しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました