スキーに行くのはお金がかかります 格安でスキーができる5つの方法

ski

スキー場でスキーやスノーボードをするためにはお金がかかります。
交通費、道具代、リフト券代、食事代など出費は多いのです。
東京近郊に住んでいる人にとっては交通費だけでもか高いのに、一人当たりリフト1日券に3000円~5000円程度かかるのはかなりの出費です。
年一行事でスキー旅行にシーズンに1回しか行かないのであればよいですが、何度もスキー場に足を運びたい人は出費をおさえる工夫が必要になります。
そこで今回はコスパよくスキー場に行きたいあなたの疑問や知りたいことにこたえていきます。

格安でスキーやスノーボードができる方法が知りたい
格安のオススメプランを教えてほしい

naober
naober

こんにちは!!スキーブロガーのnaoberです。
私は大学時代からスキーのインストラクターをやっていました。

授業があったので週末を中心に毎週、東京から新潟のスキー場に新幹線や車で通っていました。

交通費だけでアルバイト代がなくなってしまっていたので何とか安く通うことができないか考えて実践していました。

おかげでコスパよくスキー場に通うことができました。
インストラクターをやめた今でもそのときのノウハウを活かしてコスパよくスキー場を利用しています。


こんな私が解説をしていきます。

この記事を読むと格安でスキーを楽しめ、スキー場にたくさん行きたくなります。
シーズンに何回もスキー場に行きたい人、スキー場に行くのにあまりお金をかけられない人は是非参考にしてください。

格安でスキーをするための方法5選

スキー場に行く方法は深夜バスや新幹線、車などいろいろな方法があります。
その中で一番コスパよくスキー場に行けるのは車です。
家族で行く場合は交通費は一台分しかかかりません。
友達と行けば、みんなで交通費を負担すれば割安になります。
そのため今回は車で行くことを前提にお話しします。

ガソリンは必ず満タンで

ガソリンスタンド

ガソリン代を安く抑えるために地元のガソリンスタンドで満タンに
地元のガソリンスタンドは安いところを把握している
常連のガソリンスタンドであればポイントや割引もある
高速道路のパーキングエリアにあるガソリンスタンドは値段が高めで混んでいる
スキー場側のガソリンスタンドも自分の地元に比べるとかなり高め
ガソリンは地元の安い店舗でスキーに行く前日または当日に満タンに

移動距離を抑えてリーズナブルに

ガソリンを満タンにしても途中でガス欠になって値段の高いところで給油するのはNG
格安に済ませるためにはスキー場までの距離も頭に入れて選ぶ
距離が短ければガソリン代も高速代も安くなる
自分の家から一番近いスキー場はどこなのか必ず確認
しかし近いからといってお得とは限らない
スキー場のサービスによって、少し遠いスキー場の方がお得な場合もある
距離だけではなくスキー場のサービスもしっかりとリサーチしてから決める

高速はETC深夜割引、休日割引、ドラ割をチェック

高速道路

高速道路は必ず現金ではなくETCを利用する
クレジットカードを作成するとETCカードも一緒に作成できる
クレジットカードをもっていない人は年会費無料のクレジットカード、ETCカートを作成を
ETCの割引には深夜割引や休日割引などがある
深夜割引は毎日0時~4時の利用で高速代が30%OFF
休日割引は土・日・祝日が地方部で高速代が30%OFF
平日朝夕割引は地方部で高速代が月利用回数によって30%OFF~

自分のプランに照らし合わせてETC割引を活用

ETC割引はこちらから

時期があえば必ずドラ割「ウインターパス2023」を利用
例えばウインターパス2023では猪苗代・磐梯プランでアルツ磐梯、グランデコスノーリゾートなどの利用で平日昼間料金9660円⇒5800円となり、通常よりも3860円お得

ドラ割「ウインターパス2023」はこちらから

リフト代は無料・割引を狙う

スキー場

リフト代は格安でスキーやスノーボードを滑ることを考えると一番の痛手です。
何故がというと一人一人にリフト券が必要だからです。
リフト券代を抑えるのが格安でスキーをするための最重要ポイント。
中学生以上はお得な割引チケットを活用しましょう。
国内最大級のスキー場・積雪情報サイトSURF&SNOW、スキー市場などに格安リフト券情報があります。
スキー市場はちらから
SURF&SNOWはこちらから
子どもがいる場合は必ず小学生以下無料のスキー場を選びましょう。

小学生以下無料スキー場オススメ3選

群馬県 奥利根スノーパーク 関越自動車道水上ICから10km
水上ICからすぐ
融雪道路完備でスキー場まで凍結がない
東京方面から関越道水上ICまでは雪もあまりふらない
小学生以下の子供がいて雪道の運転に不安な人にオススメ
奥利根スノーパークはこちらから

長野県 軽井沢プリンスホテルスキー場 信越道碓氷軽井沢ICから約13km
キッズフリープログラムでリフト券無料以外にも様々なサービスがある
格安なスキーでも子供と一緒にちょっとした高級感を味わいたい人にオススメ
軽井沢プリンスホテルスキー場はこちらから

新潟県 かぐらスキー場 関越道湯沢I.C.から8km
雪質が良く人気のスキー場
かぐらゲレンデは混雑するが田代エリアは初級コースばかりなのであまり混雑しない
小学生以下ファミリーには田代エリアがオススメ
かぐらスキー場はこちらから

駐車場は絶対無料のスキー場で

駐車場
駐車料金はばかになりません。
平日は無料にしているスキー場が多いですが休日は1000円程度、駐車料金がかかるのが一般的です。
スキー場にあまりこだわりがなければ休日も駐車料金無料のスキー場を選びましょう。

終日駐車場無料のスキー場おすすめ3選

群馬県 ノルン水上スキー場
都心からとにかく近い 都心から90分 
関越道水上ICを降りて3km
東京から水上ICまでは雪が少なく、サンデードライバーも安心 
金・土曜日及び特定日はナイターが24:00まで楽しめるのがうれしい

新潟県 神立スノーリゾート
都心から近い 練馬から110分
初心者~上級者までコースが多彩で満足感がある
ロングナイター営業 18:00~翌2:00 
2022年12月23日(金)~2023年4月1日(土)の金曜・土曜日・祝前日がうれしい

長野県 白樺湖ロイヤルヒルスキー場
上信越道佐久南ICから40分 
エリア唯一毎日ナイター営業!!
中学生以上のリフト券を1枚購入すると追加料金なしで子供券が2枚ついてくる
晴天率80% 人工降雪で常に安定したコンディションがうれしい

元インストラクター(私)のおすすめプラン

スキー場ナイター

今シーズン私が計画しているプランを紹介します。
最新の情報を踏まえてお得感が強いプランを考えました。

<ガソリン>
スキー前日、ガソリンスタンドは地元のシェル石油を利用
ガソリン満タン6000円 ポンタポイントゲット!!
スキー当日はかなり遅めの13:00出発
ローソンでポンタポイントを利用して美味しいコーヒーを飲んで高速道路へ

<高速道路>
練馬ICから80km先の上里SAに到着、トイレ休憩
途中お土産を買うために赤城高原SAへ 水沢うどんを購入
60km車を走らせ水上IC出口へ
ドラ割「ウインターパス2023湯沢・沼田・水上プラン」利用で9010円⇒6100円

駐車場無料、ナイターありの奥利根スノーパーク
道が凍結しない融雪道路を10km走り奥利根スノーパークへ到着
安全運転でゆっくりと休憩をとっても朝の渋滞を避けたので15:30に到着
駐車場は24時間開放でトイレも利用可能で無料

今回はコロナ過ということもあり大事をとって人の少ないナイターを利用
家族4人(大人2人、子供2人)リフト券2900円×2 小学生2人は無料

ナイターは22:00まで楽しめる
16:00にリフトに乗り込み、人の少ない斜面を滑りだす
ナイターは人が少なく、リフト待ちも全くなく滑り放題

後半は慣れてきたのでちょっと休憩してあれた斜面にみんなで挑戦
休憩をはさんでたっぷり滑って20:00にスキー終了
ゆっくりと着替え、後片付けをして21:00スキー場出発
水上ICから関越自動車道に渋滞知らずで東京へ
奥利根スノーパークは練馬から140km
距離が短いので途中での給油の必要なし

<今回の格安なスキーでかかったおおよそのお金>

4人家族(小学生以下の子ども2人+父母)
ガソリン代満タン6000円
ナイターリフト代2900円×2(小学生無料)
赤城高原SAで買ったお土産代2000円(水沢うどん)
高速代はドラ割ウインターパス利用で6100円

合計 6000+2900+2900+2000+6100=19900
19900÷4人=4975円(一人当たり)

スキーに出かけるといろいろな費用がかかり1人1日10000円が目安
今回は5000円を切り、4975円という結果でかなりの格安

スキーに行くのはお金がかかります 格安でスキーができる5つの方法 まとめ

格安スキーの方法はガソリン代、距離、高速代、リフト代、駐車場代の5つを抑えること
ガソリンは地元の格安ガソリンスタンで満タンに
ポイントもゲット!!
距離はできるだけ短いスキー場を狙う
高速はETC割引の適用時間帯で30%OFF
時期が合えばドラ割「ウインターパス」の活用を
リフトは小学生以下無料スキー場を 大人は割引サイトを活用
駐車場は土日でも無料のスキー場がオススメ
私の一押しスキー場は奥利根スノーパーク
小学生以下無料、終日駐車場無料、ナイター長時間営業

naober
naober

格安でスキーをすれば、そのお金を違ったところに回すことができます。

スキー場側のおいしい郷土料理を食べてもよし
格安のスキーを何回も行ってもよし
更なる格安スキーに挑戦してもよしと
違った楽しみ方もできるでしょう。

今回の記事を参考に格安スキー場計画を立て、スキー場に行きましょう。

【2022.11更新】お得にスキー場に行くための無料情報9選

コメント

タイトルとURLをコピーしました