小さい子供の楽しく簡単にテニスが上達する3ステップ

Tennis

子供とテニスがやりたいあなたの疑問、知りたいことを予想してみました。

どうすれば小さい子供がテニスに興味をもってくれるのか
小さい子供がテニスを簡単に覚えられる方法が知りたい

この記事を読むと小さい子供がテニスに興味をもつことができます。

私は大学時代からテニスのインストラクターをやっていました。
テニス経験0から2年足らずでコーチになったので、初心者の気持ちがよくわかります。

テニススクールでたくさんの子どもにテニスを教えた経験があります。

こんな私が解説をしていきます。

この記事を最後まで読むと小さい子供と一緒にテニスを楽しむことができるようになります。

楽しく簡単にテニスが上達する3ステップ

 

ボールに慣れることは初めの一歩

キッズテニス
小さい子供は、運動の経験が浅く、小さいボールに触ったことがないこともあります。

まずは、ボールに慣れることが必要です。
ただボールに慣れろといってもすぐに飽きてしまいます。

子供が飽きないようにいろいろと楽しくボールに触れる工夫が必要です。
まずはラケットなしで直接手で触れるようにします。

ラケットを全く握ったことがない人にとっては、いきなりラケットでボールを扱うのはかなり難しいことです。

はじめは手で直接 触れることでボールの感覚を身体で感じるようにします。

ボールをバウンドさせてキャッチする。
ボールを上に投げてキャッチする。
ネットに向かってボールを投げる。
両手を使ってお手玉のようにボールを逆手に送る。

やり方はたくさん考えられるでしょう。
いろいろやるなかで、子供の反応を逃さず見てください。

反応が良かったものを繰り返し練習の中で取り入れるようにしましょう。

ステップは運動の要

ステップはテニスに限らずいろいろなスポーツに応用することができます。

ダンスにはステップがつきものです。
他の運動も足の運び方が上手くできないと運動全体がまとまらなくなります。

スポーツは下半身をしっかり使うことが上達への近道です。

ステップをしっかりと使うことで下半身から上半身を連動させて運動することができます。

下半身始動で動かないとテニスでは手打ちになりやすくなります。

いろいろなステップで下半身の使い方を覚えましょう。

ボール慣れと同様に子供の反応をよく見て、楽しそうにやっているステップについては毎回取り入れるようにしましょう。

ショットの教え方はできるだけわかりやすく簡単に

打ち方について教えていると気持ちが入りすぎて どうしても細かくなりがちです。

しかし、小さい子供に細かく教えても理解するのは難しく、途中で飽きたり,嫌になったりします。

そうならないためにはできるだけシンプルな打ち方を簡単に教えるのがポイントです。

練習をして短時間で打てるようになれば小さい子供のモチベーションにもつながります。

良いショットが打てたときには、毎回「ナイスショット」と言うようにしましょう。

ボール慣れ、ステップ、ショット練習をやるときは ほめる言葉をたくさん使いましょう。
ほめられて嫌な人はいません。小さい子供ならなおさらです。

練習のはしばしにほめる言葉を入れて、小さい子供のモチベーションが続くようにしましょう。

キッズテニス

練習の具体例とやり方を紹介

ラケットを使ってボール慣れをしよう

手でボール慣れがある程度できるようになったらラケットを使ってボール慣れをします。

はじめはできるだけラケットを短く持ってやります。
持ち方は気にしないでラケット面を下に向けてドリブルのようにポンポンと連続して地面に打ちつけます。

はじめは上手くいかないと思いますが目標回数を設定してやるとよいでしょう。

次にラケット面を上に向けてポンポンと継続して空中に打ち上げます。

ドリブルよりも難易度が上がるので目標回数は低く設定しましょう。

ドリブルと打ち上げがラケットでのボール慣れの基本です。
ドリブルと打ち上げができるようになったらラケット面を裏表させながらドリブルをするなど難易度を上げていきましょう。

ボール慣れをする中で楽しく行うためにゲーム性を取り入れましょう。

ドリブル競争をしたり、ボールを重ねて的を作って当てたりするなどの工夫をしましょう。

テニスラケット

3種類のステップを楽しく覚えましょう

サイドステップが基本中の基本

サイドステップはカニのように身体を正面に向けて横に移動していきます。

右足を横に踏み出したら、左足を右足に寄せるように動かす。
この動きを繰り返します。

さほど難しくないので小さい子供でもすぐにできるでしょう。

クロスステップはちょっと難しい

その名の通り足を前後ろにクロスしていく動きです。

身体を正面に向けて横に移動していきます。
右足を横に踏み出したら、左足を後ろに引き、また右足を踏み出したら左足を前に出す。

横に移動しながら前後ろに足を交互にクロスさせていきます。ちょっと難しいので最初は上手くできなくても大丈夫です。

はじめは難しい動きだと感じますが続けていけば、すぐにできるようになります。

テニスで必ずしもできなければならない動きではないので、できるようになることにあまりこだわらないようにすることがポイントです。

スプリットステップは超重要

テニスに限らずスプリットステップはいろいろなスポーツにおいて欠くことのできないものです。

他のステップよりもスプリットステップを覚えることを優先しましょう。

やり方はいたって簡単です。
相手が打つタイミングで両足を軽くジャンプさせるだけです。

ジャンプをしてから移動することで一歩目が早くなるのです。

とれるか取れないかのボールをギリギリのところでとるためにはこのスプリットステップが必要なのです。

手を叩くなどの合図でジャンプをしてから転がしたボールを取りに行くなどの、ジャンプをしてから○○をする癖をつけるように練習しましょう。

シンプルイズベスト 簡単な打ち方は小さい子供に向いています

キッズテニス

フォアハンドは相手が打った瞬間に後方にラケットを引きます。

ボールがバウンドしたのに合わせてラケットを下から上に振り上げて打ちます。
ラケットを回して打つのはやめましょう。

フォアハンドはコンパクトにラケットを引いて打つようにしましょう。

フォアハンドの打ち方はこちらをクリック

バックハンドは左手をフォアハンドのようにして打ちます。
(※右利きの場合)

左手のフォアハンドに右手を添えるだけです。
両手打ちのバックハンドが一番簡単です。
力がない小さい子供に最適です。

バックハンドの打ち方はこちらをクリック

サーブはボールを投げるように打つのが基本です。

はじめは難しいので肩に担いだ状態から打ちましょう。

トスが上手く上げられるとサーブは安定します。
手先だけでトスを上げずに全身を使ってトスを上げる練習をしましょう。

サーブの打ち方はこちらをクリック

キッズテニス

私が小さい子供のレッスンで感じたこと

ボール慣れについて

単純にボールを使って遊ぶのは楽しいですよね。
小さな子供たちも例外ではありません。

直接 手でボールに触れて遊ぶのはとても楽しいのです。

ステップやショットの練習をしているときよりも、生き生きとやっている子供が多かったです。

ステップやショットの練習をしているときも直接手でボールを扱う遊びの要素を入れるようにしましょう。

ステップの練習は必要不可欠

身体が温まっていない状態でボール慣れやショットの練習をやると身体が動かなかったり、手先でやってしまったりと良いことがありません。

ステップ練習で身体を温めて関節などをほぐしてからボール慣れやショットの練習をしましょう。

コートいっぱいを使って行きはサイドステップ、帰りはクロスステップ
合図と同時にスプリットステップをしてからダッシュなど
しっかりと身体を温めてから次に移行しましょう。

練習は準備運動⇒ステップ練習⇒ボール慣れ⇒ショット練習⇒整理体操の順番が最適です。

ショット練習はフォアハンドをベースに

ショットの練習はフォアハンドをはじめに教えます。
フォアハンドができてもすぐに違うショットに移行してしまうとフォアハンドのクオリティーが上がりません。

練習をして初めてフォアハンドが打てるようになると誰でもうれしいものです。
小さい子供も同じです。

フォアハンドはショットの要なのでしっかりと時間をとってある程度上手に打てるようにしていきましょう。

フォアハンドが打てるようになったらネットを挟んでサービスエリアのみを使ってミニテニスをやってみましょう。
子供は生き生きとしてラリーを続けますよ。

テニスの練習を意欲的にやるために、テニスが好きになるために、フォアハンドの練習は多めにやるようにしましょう。

小さい子供の楽しく簡単にテニスが上達する3ステップ まとめ

楽しく簡単にテニスが上達する3ステップはボールに慣れる、ステップを覚える、ショットを練習すること
ボール慣れは直接ボールに触れるものからラケットを使うものに移行していく
ステップはスプリットステップが最も重要 繰り返しやってスプリットステップの癖をつける
ショットの練習はできるだけシンプルなショットを簡単な言葉を使って伝えるようにする
遊びの要素を入れながらフォアハンドを長く練習することで小さい子供のテニスへの興味は深まる

小さい子供の吸収力は抜群です。
スポンジのようにたくさんのことが吸収できます。
全くやったことがない子供の伸びしろは計り知れません。

短期間で上達する小さい子供の成長を待って、子供とテニスを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました