スキー映画を観てモチベーションをあげよう!!おすすめ日本映画3選

ski

あなたの知りたいことは次の3つでしょうか?

スキーに関係する映画はどのようなものがあるか知りたい
スキーへのモチベーションをあげる映画を教えてほしい
お勧めのスキーに関係する映画が知りたい

この記事を読むとスキー映画が観たくなります。

私は高校を卒業してからスキーをはじめ、スキー歴2年でスキーのインストラクターになりました。

大人になってから始めたスキーなので感覚で上手くなったのではなく、自分で考え工夫をしてレベルアップしていきました。

スキーが上手くなりたくてスキーのハウツービデオやスキー映画をよく観て参考にしていました。

こんな私がお勧めしたいスキー映画について解説してきます。

この記事を最後まで読むとスキーへのモチベーションがあがり、すぐにでもスキー場に出かけたくなります。

映画もスキーも好きな人は是非参考にしてください。

スキー映画のおすすめ3選

ホワイトアウト(2000年の作品)


皆さんはホワイトアウトという言葉をご存じでしょうか?

スキー場など雪が多い地域で突風が吹くと一瞬目の前が真っ白になります。
目の前が真っ白になると平衡感覚が分からなくなり、どちらが上か下かわからない状態になります。

目の前が雪で真っ白になることをホワイトアウトと言います。

一瞬ではありますが、その一瞬に恐怖を感じます。
そのような、雪の怖さも作品の中にふんだんに入っています。

スキー映画とは言えませんがスキー場付近の地形を生かした作品なので紹介します。

冬の季節に入り雪が山に積もりはじめた12月。

日本最大の貯水量を誇る奥遠和ダムの作業員である富樫(織田裕二)が同僚の吉岡(石黒賢)と遭難者の救出途中にホワイトアウトに合い、吉岡(石黒賢)を死なせてしまいます。

それから2ヵ月後に富樫は、奥遠和ダムで吉岡(石黒賢)の婚約者 千晶(松島菜々子)の訪問を待っていました。

突然、ダムを襲ってきたテロリストグループによるダムジャック事件に巻き込まれます。

ダムを爆破すると言って政府に50億円を要求するテロリストたち。
テロリストの襲撃を逃れた富樫は、同僚などを守るため一人でテロリストに向かっていきます。

この物語は新潟県の奥只見ダムをモチーフとして映画を作っています。
奥只見はとても雪深い地域で長いトンネル1本で奥只見ダムやスキー場につながっています。

そのトンネルが通れなくなるとダムやスキー場は孤立した状態になります。
そのような土地柄をイメージして作った作品です。

アメリカ映画の「ダイハード」のように一人でテロリストに立ち向かうストーリーになっています。

人質になった吉岡(石黒賢)の婚約者 千晶(松島菜々子)を富樫(織田裕二)は助けることができるのでしょうか?

雪山の壮大さと恐怖がふんだんに盛り込まれた作品になっています。

若かりし日の織田裕二と松嶋菜々子のやり取りを観てみたい人、雪山の壮大さを感じたい人は是非ご覧ください。

銀色のシーズン(2008年の作品)

スキー映画
町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしていた城山銀(瑛太)、小鳩祐治(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)の3人組は雪猿と呼ばれていました。 海猿ではありません。

賭けスキーやスキーヤーへの当たり屋などをしてスキー場の関係者に迷惑をかけていました。

そんなある日、彼らの前にスキーがまったくできないという綾瀬七海(田中麗奈)が現れました。

高いレッスン料を請求して城山銀(瑛太)が教えることになりましたが中々上達しませんでした。

綾瀬七海(田中麗奈)が起こした問題をきっかけに城山銀(瑛太)の気持ちに変化がでてきます。

有名なスキー選手だった城山銀(瑛太)が未来に向けてチャレンジをしていくストーリーです。

冒頭では3人のスキーヤーがかっこよく滑り降りるシーンなどがあり、とても迫力があります。

若かりし日の瑛太と田中麗奈のやり取りを観てみたい人、スキーを滑る迫力に触れてみたい人は是非ご覧ください。

私をスキーに連れてって(1987年の作品)

スキー場
クリスマスイヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡を描いたストーリーです。

三上博史、原田知世 貴和子姉妹、布施博、竹中直人、田中邦衛など豪華な俳優陣が共演しています。

大学時代はスキー選手として活躍していたが、会社ではさえない存在の文夫(三上博史)が友人と出掛けたスキー場で、OLの優(原田知世)と出会います。

二人の恋愛の様子と会社内でのトラブルがリンクしてストーリーは展開されていきます。

二人の恋の行方はどうなっていくのでしょう?
挿入歌は松任谷由実の曲がふんだんに盛り込まれ、映画を盛り上げています。

1987年とかなり古い作品なのでノーマルスキーで滑っています。
ノーマルスキーで滑っているシーンが多く登場したり、昔の会社の様子が見られたりするので古き良き時代を体感できる作品です。

若き日の三上博史と原田知世の掛け合いを観たい人、ノーマルスキーや昔のスキー場に興味がある人は是非ご覧ください。

スキー映画を使って私が実践したモチベーションのあげ方

スキー場
夏はスキーのことは、ほとんど忘れていますが、すごい暑い日にはふと「新雪すべりたい」と思うことがあります。

そんなときはyoutubeで動画を観たり、風呂の中で下半身をスキーのように動かしてイメージトレーニングをしたりしています。

季節が秋になってくると気持ちがソワソワしてきます。
もうすぐスキーシーズンだ。
今年はシーズン券買おうかなあ?
お得なスキー場はないかなあ?
などとネットでの検索が多くなります。

私はスキー映画を観なくてもモチベーションが上がっていきますが、映画を観ることでさらにやる気や滑りたい気持ちを強くしていきます。

スキー映画を観ながら、今シーズンはこんな風にやってみよう、あんな斜面を滑ってみようと妄想を膨らませていくのです。

特に昨年度からコロナウイルスの影響で満足にスキー場に行くことができていません。
皆さんも同じだと思います。

スキー場に行きたい気持ちは皆さんも強くもっていると思いますがその気持ちをさらに盛り上げるためにスキー映画を見るようにしましょう。

私が紹介した映画のほかにもスキー映画はいろいろあります。
映画でもよいし、ハウツーでもよいし、深雪を滑っている動画でもよいのでスキーシーズンに入る前に観るようにしてモチベーションをあげていきましょう。

ちなみにスキー場に向かう車の中でスキー映画を見るとモチベーションはさらに上がります。

私の一押しは私をスキーに連れてってを観ながらスキー場に向かうことです。
是非、皆さんもやってみてください。

このスキー動画もかなりテンション上がります。できないけど・・・↓↓

Markus Eder’s The Ultimate Run

スキー映画を観てモチベーションをあげよう!!おすすめ日本映画3選 まとめ

スキー映画はホワイトアウト、銀色のシーズン、私をスキーに連れてっての3つがお勧め
ホワイトアウトは織田裕二と松嶋菜々子のやり取りを観てみたい、雪山の壮大さを感じたい人にお勧め
銀色のシーズンは瑛太と田中麗奈のやり取りを観てみたい、スキーの迫力に触れてみたいという人にお勧め
私をスキーに連れてっては三上博史と原田知世の掛け合いを観たい人、ノーマルスキーや昔のスキー場に興味がある人にお勧め
その中でも私をスキーに連れてってがお勧め
スキーで滑るシーンが多くあるのでスキーへのモチベーションをあげてくれる

スキー映画は純粋に映画として楽しむことができたり、スキーのモチベーションにつながったりするので一挙両得です。

スキー映画を観てモチベーションMAXでスキー場にくりだしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました