スキーが下手でなかなか上手くならない人に試してほしい5つの方法

ski

スキーが下手でなかなか上手くならないあなたが知りたいことを予想しました。

スキーが下手な人の特徴を教えてほしい
スキーが下手な人が注意するべきポイントを教えてほしい
スキーが上手くなる効果的な練習方法が知りたい

この記事を読むと自分がなぜスキーが下手なのかが分かります。

私は東京育ちで、子供の頃から高校時代まで全くスキーをやったことがありませんでした。
大学時代に友達にスキーに誘われたことをきっかけ、スキーをはじめました。
何回かスキー場に足を運んでいるうちにスキーの面白さに魅力されていきました。

その後、スキースクールで教わることなく、独学でスキーを続けて2年足らずでスキーのインストラクターになりました。

こんな私が解説をしてきます。

この記事を最後まで読んで実践することでスキーが上手くなります。

スキーが下手だけど転ばずにスキーを楽しめるようになりたい人は是非参考にしてください。

スキーが下手な人に試してほしい5つの方法

スキー下手

せまいスタンスのㇵの字にすると、パラレルターンに変わる

スキー場でビギナーであろう人達の足元をみると初心者のときのㇵの字がぬけきれずにスキーが平行になっていない人を多く見かけます。
スキーが平行になっている人もターンをするときにスキーをㇵの字に開きだして滑っている人もいます。

スキーがつねに平行(パラレルスタンス)になっていないと下手の部類に入ります。

下手から脱却するためにスキーが平行のままターンをするパラレルターンができる必要があるのです。

スキーのㇵの字が抜けない人の特徴はスキーを平行にしている時間はあるものの、ターンをするときにスキーを開きだす、いわいるシュテムターンをしています。
シュテムターンに慣れてしまうと、いくら滑ってもなかなかパラレルターンができるようになりません。

私が教えていたスキースクールではシュテムターンは教えませんでした。
シュテムターンはパラレルターンを覚える弊害になるからです。

しかし、シュテムターンを覚えてしまった人は何とかパラレルターンができるようにしていく必要があります。
そんな人にお勧めなのが常にせまいㇵの字スタンスでプルークボーゲンを行うことです。

ターンのときにスキーを開きだすという意識をもたないようにするために、常にせまいㇵの字スタンスで滑り続けるのです。

スキーを開きだす意識をもたずに、常にせまいㇵの字スタンスで滑ることで、スピードが出てきてㇵの字を保つことが辛くなり、自然にパラレルターンになっていくのです。

まだプルークボーゲンで滑っている人、シュテムターンで滑っている人は試してみてください。

スキーのトップを意識するとスキーの動きがスムーズになる

スキーでターンをするためにはスキーのテールをずらす必要があります。
両スキーのテールをずらすことでスキーは徐々にカーブを描きターンができるのです。

しかし、スキーのテールを意識してずらそうとするとスキーが雪面に引っかかり上手くターンできなかったり、バランスを崩したりすることがあります。

バランスが崩れるのを嫌がると、バランスを保とうとしてスキーを開きだしてシュテムターンになってしまうこともあります。

バランスを崩したり、シュテムターンをしたりしないためにはスキーのテールを回してターンするのではなくスキーのトップを回すことを意識してターンをするのです。

スキーのトップを回すようにしてもテールは横にずれますが、テールを意識して回すよりもテールのズレ幅が少なくスムーズにターンができるのです。

スキーのテールのズレ幅が少ないとゲレンデに雪だまりのようなところがあっても、テールを引っ掛けてバランスを崩すことなくスムーズにターンができます。

スキーのテールが雪面に引っかかりバランスを崩したり転倒したりしてしまう人はスキーのトップを意識して滑りましょう。

スキー場

山周りはスピードをコントロールする

ゲレンデのスキーヤーを見ているとあまりターンをしないでスピードを出して滑っている人がいます。
俗にいう暴走というやつです。

パラレルターンで滑っていたとしても自分のスピードをコントロールできていなければ上手いとは言えません。

スピードをコントロールできないと、他の人と衝突してケガをしたり、ケガをさせてしまったりするリスクがあります。
しっかりとターンを仕上げてスピードをコントロールする必要があるのです。

ターンを仕上げるには山周りをする必要があります。
山周りはスキーが山側に向かって滑ること、谷周りはスキーが谷側に向かって滑ることを言います。

山周りは山側に向かって滑っていく動きなのでスピードが減少します。
この山周りでのスピードの減少を利用してスピードをコントロールするのです。

スキーで滑っていて、すぐにターンをやめてしまうと、山側までターンが続いていきません。
すぐにターンをやめずにスキーのトップが山側に向くまではターンをやめないようにします。
スキーのトップが山側に向くまでターンを続けることでスピードがコントロールできるのです。

はじめは斜滑降から山周りを止まるまで1ターンします。
これを左右両方のターンで練習します。
両ターンで山周りが止まるまでできるようになったら、左右のターンを続けるようにします。

止まるときはなんとなくスキーを横にずらしてブレーキをかけるのではなく、山周りの練習と同様に最後は山周りをして止まる癖をつけるようにします。

山周りを使ってスピードをコントロールすることができるようになるとレベルがワンランク上がったと言えるでしょう。

いろいろな雪質のスキー場を滑ると経験の幅が広がる

同じスキー場でも午前や午後では気温や天気も変わり全く同じ条件で滑ることはできません。

テニスなどのスポーツはある程度同じ条件が整った状態で行う運動なので再現性を高めると上手く対応できるようになります。

しかし、スキーの場合は10本滑ったら10本ともに同じ状況では滑ることができないのです。
スキーが難しいと感じるのは1本1本のシチュエーションが違うのが原因の1つです。
しかし、この難しい状況を求めて、その中で滑ることが上達につながるのです。

関東近県のスキー場であっても雪質は千差万別です。
群馬県水上界隈のスキー場は人工雪が多いので固くしまった雪のゲレンデを滑ることができます。
新潟県湯沢界隈のスキー場は水分の多い雪で湿雪を滑ることができます。

少し離れたスキー場をいろいろと利用することでいろいろな雪質で滑ることができるのです。

たくさんのシチュエーションでスキーをすることが上達につながります。

軽い雪から重たい雪まで滑りの違いを感じながら滑り比べるようにしましょう。

スキー場

滑走時間を増やすことが上達への近道

運動を上手くなる過程で質より量という言葉があるのは知っていると思います。
スキーはまさにその通りでいくら質がよい練習をしても量を伴わなければ上手くなりません。

雪国の子供たちが上手なのはなぜか。
習っているからではなく単純に滑っている時間が長いのです。
ある程度のレベルまでは長い時間滑ることで到達できるのです。

時間がなくてあまりスキーにいけない。
お金がなくてあまりスキーにいけない。
こんな人はスキーに行ったときの滑走時間を長くするように心がけましょう。

<滑走時間を長くする方法>
その1・・・高速リフトを利用する。
その2・・・ゴンドラを利用する
その3・・・ナイター営業のあるスキー場を選ぶ
その4・・・空いているスキー場を選ぶ
その5・・・家から近いスキー場に朝はやくから行く

これ以外にも滑走時間を長くする方法はたくさんあるでしょう。
自分の置かれている環境で最善の方法を見つけて滑走時間が長くなるように心がけましょう。

お金がなくてなかなかスキーに行きづらい人はこちらの記事を参考にしてください。↓↓↓

格安でスキーができる5つの方法はこちらをクリック

超下手くそだった私が覚醒した3つのポイント

スキー上手
超へたくそだった私ですが、スキーが上手くなるためには研修生になるしかないと考えて無謀にもスキー経験2年足らずでスキースクールの研修生に応募しました。

プルークボーゲンである程度滑ることができれば、インストラクターとしての需要があるのでインストラクターになるのはハードルが低いのです。

シーズンスポーツなのでスキー経験2年は経験値がかなり低く、スキーのインストラクターにはなれたもののはじめの頃はめちゃくちゃ下手でした。

お客さんの前でもよく転んで恥ずかしい思いを何回もしました。
そんな私が少しずつ下手から脱却した過程を皆さんにお伝えします。

スキーのトップを意識することで転ばなくなりました

スキーのインストラクターになってからもスキーのテールを吹き溜まりなどに引っ掛けてよく転んでいました。

プルークボーゲンを教える場合は、自分もプルークスタンス(ㇵの字)で滑るので転ぶことはありませんでしたが、パラレルターンを教えるときはスキーのテールが引っかかり、転ばなくてもよくバランスを崩してごまかしていました。

そんなことを繰り返しているときに、先輩インストラクターから「スキーのトップをもっと動かして滑りなさい」と言われました。

はじめは半信半疑でスキーのトップを動かす努力をしましたが、もともとテールを動かして滑っていたのでなかなかスキーのトップを動かすイメージがわきませんでした。

しかし、今まで意識していなかったスキーのトップを動かそうと思うことで少しずつトップを動かしながら滑れるようになったのです。
スキーのトップを動かすときとスキーのテールを動かすときとでは身体の使い方が違います。

上半身を今まで以上に動かすことでスキーのトップから始動する滑り方ができるようになったのです。

スキーのトップから始動して滑ると急激なスキー操作がなくなり、スキーがきれいなターンを描き始めるので余計な抵抗もなくスムーズに滑れたのです。

スムーズに滑れるようになるとゲレンデの凹凸や雪の吹き溜まりが全く気にならなくなり、意識しなくても転ばなくなっていたのです。

トップを意識してスキーを回してターンをすることの重要性に気づいた瞬間でした。

スキー場

山周りで滑りの質が向上

昔は谷周りでいかにしてスキーをとらえるかが重要であるという意見が大半を占めていました。

しかし、現実的に谷周りでスキーをとらえるのは常人には難易度が高く、上級者であっても条件が整わないとできません。
谷周りを頑張って練習してもなかなかうまくならないのです。

しかし、山周りは誰でもしっかりと雪面をとらえることができるので、練習を続けていくことで滑りの質が向上していくのです。

谷周りの意識を捨てて山周りをどう丁寧に滑っていくかを考えて実践すると間違いなく下手から脱却することができます。

山周りの練習方法は両スキーを平行にしたまま、前後差がつかないように気を付けてエッジを立てて谷側から山側に向かって滑ります。

カービングスキーであれば斜滑降で滑りだすと両スキーがサイドカーブに合わせて曲がっていきます。
その後、山周りをして登り切れなくなると止まります。

右ターンと左ターンをワンターンずつ丁寧に練習してサイトカーブにそって山周りをしました。
両ターンで山周りができるようになったら左右のターンをつなげて滑りました。

はじめは緩斜面から滑り、慣れてきたら中斜面をすべるようにすることで山周りがさらに上手くできるようになり、滑りの質が全体的に向上しました。

重たい雪質を滑ることで上手くなったと実感

重たい雪質とは水分が多く、ゲレンデを滑っていると抵抗を感じる雪です。

軽い雪質は雪がある程度積もっていてもすぐに吹き飛んでしまうので抵抗を感じません。
北海道など雪質が軽いスキー場に行くと自分は上手くなったのではと勘違いしてしまうことはよくあることです。

私は新雪があまり滑れないときに北海道に行ったので深雪で転びまくって大変でした。
しかし、雪質は軽かったのを覚えています。
新潟県ではありえませんが降っている雪がウエアにつくと雪の結晶が見えるのです。
それだけきめ細かい雪が降っているので雪質が軽いのです。

私がビギナーのときに良く通っていたスキー場は新潟県中越地方でインストラクターをやっていたのも新潟県中越地方でした。
新潟県中越地方は重たい雪質です。
そのため私は重たい雪質で滑る経験をたくさんすることができたのです。

重たい雪質だと、急激にスキーを回すなどスムーズさに欠ける動きをすると、すぐにスキーのテールが雪に引っかかり、バランスを崩したり転倒したりします。

そんな重たい雪質で滑り続けることで知らず知らずのうちに上手くなっていったのです。
ゲレンデの重たい雪、湿雪、深雪、悪雪もスムーズにターンすることができるようになっていったのです。

上手くなってから軽い雪のスキー場に行ってみるとゲレンデも非圧雪エリアも転ぶことなくスムーズに簡単に滑ることができたのです。

重たい雪を滑り続けることで上手くなれたと感じた瞬間でした。

スキー場

スキーが下手でなかなか上手くならない人に試してほしい5つの方法 まとめ

スキーが下手な人に試してほしい方法はせまいㇵの字スタンスで滑ること、スキーのトップを意識すること、山周りをすること、雪質の違うスキー場に行くこと、滑走日数を増やすこと
せまいスタンスのㇵの字にすると、パラレルターンに変わっていく
スキーのトップを意識するとスキーの動きがスムーズになる
山周りをすることでスキーをコントロールできる
いろいろな雪質のスキー場を滑ると経験の幅が広がる
滑走時間を増やすことが上達への近道

スキーはシーズンスポーツなので下手から脱却するのはある意味難しいと言えるでしょう。
しかし、今回紹介した5つの方法を試すことができれば間違いなく上手くなります。

今シーズン、スキー場に行く際には5つの方法を是非試して見てください。
きっと、下手から脱却することができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました