スキーデビューを春スキーにするべき5つの理由

ジュニアスキー ski

家族みんなでスキーを楽しむためには子供に興味をもってもらう必要があります。
子供がスキーが好きになるためにあスキーデビューの仕方はとても重要です。
はじめてスキー場に行った時のイメージが良いとまた行きたい、またスキーがしたいと子供が思い家族みんなでスキーが楽しめるようになるのです。
そこで今回は家族にスキーデビューをさせたいあなたの疑問や知りたいことにこたえていきます。

スキーデビューに最適な時期はいつですか?
スキーデビューが安全にできる方法は?
よいイメージでスキーデビューするためには?
コスパよくスキーデビューする方法は?
スキーデビューで体調をくずさないためには?

naober
naober

こんにちは!!スキーブロガーのnaoberです。

私は30年近くスキーをしています。
スキー歴2年足らずでインストラクターになったので下手でした。
そのためトップシーズンはインストラクターをやって、春スキーはプライベートで技術力アップをはかっていました。
その甲斐あって少しずつ上手くなりレベルアップしたのです。
私自身春スキーの重要性や必要性と感じています。

私の子供は春スキーを利用してスキーデビューをしました。
スキーを嫌がらずに楽しく滑れるようになり、今でも一緒にスキーを楽しんでいます。


こんな私が解説をしてきま。

この記事を読むと春スキーがスキーデビューに最適な理由がわかります。

スキーをやってみたいけど、いつから始めるべきか悩んでいる人、自分の子供にスキーデビューをさせたい人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

スキーデビューは3月下旬~5月上旬

スキー場

スキーのシーズンは雪が多ければ11月の下旬から5月上旬
その中でスキーデビューをする人は3月下旬以降がオススメ
11月は雪が少なすぎるのでスキーデビューには向いていない
雪が少なかったり岩などがむき出しになっていたりして危険
12月から3月上旬にかけては雪が多すぎたり、雪面が固すぎたりしてはじめてスキーをする人にとっては難しい状況

3月下旬以降は、シーズン中に積もった雪が残り、雪が多すぎたり固すぎたりする状況はない
気温も高く、寒くない(スキーウエアを着ていると逆に暑いぐらい)
気候が安定して雪や雨が降りにくい

スポンサーリンク

安全なスキーデビューの雪質

スキーデビュー

雪がたくさん降り積もっていると、スキーが雪にひっかかり転びやすい
雪が多いと雪面が不安定でバランスがとりづらく、ターンがしにくい
雪が固いと転んだ時のダメージが大きく、打撲や骨折の危険性がある
固い斜面は滑りすぎるので、斜面で転ぶとその場で止まらずに身体で斜面を滑り人や物に衝突する危険性がある

3月下旬以降はほとんど雪が降らないので雪はあまり滑らない
転んでも痛くなく、身体で斜面を滑ってしまうこともない

スキーは転んだりけがをしたりするリスクの多いスポーツ
そのリスクを一番回避できる状況が春スキー


スキーデビューがよいイメージになる方法

イメージ

スキーデビューは良いイメージをもってもらうことが重要
スキーは普段の生活にはない雪上の斜面で行うスポーツなのでかなり独特な感覚
そのため、すぐにうまくなることはなく、曲がりたくても曲がれない、バランスを崩して転ぶなんてことが必ず起こる
スキーデビューでめげずにスキーを楽しんでもらうためには、できるだけ、できないことを少なくする必要がある

春スキーであれば
スキー板とバインディングの間に雪が入らず、誰でも簡単にスキーがはける
スキー板とバインディングの間に雪が入りにくいので、リフトでスキーが外れない
雪があまり滑らないのでゲレンデのちょっとした傾斜を簡単に登れる
寒くないので軽装で滑れるので動きやすい

スキーデビューをする人にとって春スキーはよい条件がたくさんある


スキーデビューはコスパのよいシーズン終わりに

コストパフォーマンス

春スキーはトップシーズンにくらべるとコスパが非常によい
リフト1日券がトップシーズンよりも安いスキー場が多い
宿泊はトップシーズンに比べると3割~5割安く泊まれる

高速道路は比較的すいていて渋滞に巻き込まれることも少ない
道路の凍結がないので事故の危険性が低い
いろいろな意味で春スキーはコスパが良い

スキーデビューは体調面も重要

スキーデビューのときに体調を崩してしまうと、スキーがうまくなっても良い思い出にならない
トップシーズンのスキーはとても寒い中で雪が降り、ウエアが濡れて、空気も乾燥しているので風邪をひきやすい状況


春スキーはウエアが濡れる心配も少なく、あまり寒くないので体調を崩す可能性が低い
体調を崩さずにスキーをするには春スキーが一番向いている

春スキーで気をつけること

春スキーは気温が高いので、軽装で行う人が多い
半袖で滑ったり、グローブをしないで滑ったりする人がいる
スキーやスノーボードの板には鉄のエッジがあり、それが肌に触れると切れる危険性がある
春スキーは軽装であっても肌の露出はさけ、暑くても長袖Tシャツを着て、グローブは薄めのものを必ずつける

春スキーは雪が少なくなり、斜面に雪がなく茶色くなっていたり、石が飛び出していたりする場所がある
そのようなところに入ると思わぬけがをする可能性があるので必ず避けて滑る

私の子供のスキーデビュー


私の子供は春スキーでスキーデビューをしました。

風邪をひくと長引いてしまう体質だったので、できるだけ風邪をひかない時期にしたかったのです。
スキーのビンディングにブーツをはじめてはめたときには少し苦労していましたが、やり方を理解すると一人でスキーが履けるようになりました。

いよいよ、スキーを滑り始めます。
何をやるにも怖がりで消極的な性格だったのですが雪が滑らないせいか全く怖がらずに滑り始めたのです。
はじめは曲がることができずに自分自身にイライラする感じがありましたが、寒くなく、雪も降っていなかったのでそれ以外の弊害がなくレベルアップすることに集中できました。
その甲斐あってか、半日も練習することで粗削りではありますがターンができるようになったのです。
ある程度ターンができるようになったら次はリフトに乗り込みます。
リフト乗り場は傾斜がありトップシーズンだとずりずりと傾斜の方向にスキーが滑ってしまうことがありますが、春スキーではそんなことはないのでスムーズに一人でリフトに乗り込むことができました。

リフトに乗ると子供のテンションは上がります。
「きもちーー」「らくちん」「たのしいーー」などと言いながらスキーへのモチベーションも上がったのです。

リフトから降りて初の一本は少し緊張感がありましたが、丁寧にターンをしていました。
はじめは緊張した顔をしていましたが、徐々に滑るのに慣れてくると笑顔も見られるようになったのです。
リフトに乗っているときには自分の滑りを振り返り、あーしたほうが良い、こうするともっと良いかもなど一緒にイメージを作ってから次の滑りに活かすようにしました。
リフトに繰り返し乗ったので長い時間ゲレンデにいましたが寒いとも言わず一生懸命滑っていました。

緩斜面であってもトップシーズンだとターンが浅いと暴走してしまいますが、春スキーは暴走しないので、安心して少し離れた位置で見守ることもできました。
たくさん滑った後は温泉と美味しいバイキング料理が迎えてくれます。
たくさん滑ってお腹が空いたせいか小学生とは思えないほどガッツリ食べていました💦

嫌な思いをほとんどしないでスキーができるようになり、その後は美味しい食事。
スキー旅行とはこういうものと理解した私の子供は寒い季節になると毎年スキーに行きたい早く行きたいと言うようになりました。
スキーデビューのさせ方は家族みんなでスキー旅行に行きたい人にとってはとても重要だと感じた瞬間でした。

子供のスキーデビューはこんな感じ

スキーデビューを春スキーにするべき5つの理由 まとめ

スキーデビューは3月下旬から5月中旬がおすすめ
安全なスキーデビューは滑りすぎない3月下旬以降の雪が最適
春スキーのスキーデビューは負担少なく、よいイメージで滑れる
春スキーのスキーデビューはコスパ最強
春スキーのスキーデビューは体調を崩しにくい
春スキーで気をつけることは軽装になりすぎない、危ない箇所に近寄らない
スキーデビューのさせ方は家族みんなでスキー旅行に行きたい人にとても重要

naober
naober

スキーデビューをする人にとって春スキーはとても良い環境です。
せっかくスキーを始めたのであれば、好きになってもらって末永く楽しんでもらいたいものです。

これからスキーをはじめる人、子供にスキーをはじめさせたい人は春スキーを選ぶようにしましょう。

小さい子供が 嫌がらずに楽しくスキーが始められる5ステップ
春スキーはまだまだこれから!! 5月でも楽しめるおすすめスキー場3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました